2019年05月01日

令和元年

新時代 令和が明けました!おめでとうございます!

日にちが変わった途端、涙が出ました。
健やかに新しい時代を迎えられた喜びからか...
昭和に生まれ育ち、成長し、平成では多くの修行を経験させていただいたという感謝の念からか...
生きていることを実感できるような、世の流れの中に存在するからか...
戦さのないこの時代のこの国に、こうして生かしていただけているのは、本当に幸せなこと!
厳かな気持ちと共に、温かく明るい気持ちがこみ上げます。
新しく令和の時代を迎えて日本中が感謝にあふれている今、この感謝の気持ちほど清々しいものはないと感じ入ります。
「感謝」は、不穏なものをすべて追っ払ってくれる念。
ただの盛り上がりで終わらないでほしいなぁという祈るような気持ちです。

今この心から願うのは、令和の世が調和された平和な時代でありますよう、皆の心が感謝の念にあふれ続けて大きな光に包まれ、皆が幸せを感じられる毎日、不穏なものとは無縁の世界でありますように...ということ。
GWが終わって日常が戻っても、日本中の清々しい心が続き、響き、世界に宇宙に波及しますように...


こちらは、安政元年創業「御菓子司 明石屋」の軽羹。



自然薯(天然の山芋)と米粉と砂糖のみで作られた真っ白な御菓子。
こちらが軽羹(かるかん)の元祖だそうです。大切な方より戴きました。
清廉潔白な誠の心が伝わります。

昭和の時代... 当時中学生だった私が、父への誕生日プレゼントとして贈った九谷焼のコーヒーカップで、軽羹と珈琲と“ 時の移ろい ” すべてを感じて味わいました。

令和元年。
この時代を生きられることに感謝し、健やかに毎日を味わい尽くしたいと、心も新たにしています。




カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索