<< やさしい味 | main | ときめき >>
2018年02月09日

会いたくて、食べたくて

近くに住んでいながら、うつしちゃいけないので暫く会えなかった娘と、昨日スープをお裾分けしてもらって元気になったのを機に、夕食を共にしました。
と、いっても、外ですませてくる予定が急きょ変わったとのこと。
久しぶりに会いたいので、「うちで食べる?」と相成りました。

今夜の回復食の一つは、このところ無性に食べたかった「うま味たっぷり養生リゾット 」 ♪



まず、洗った胚芽米とグルタミン酸の宝庫である玉ねぎのみじん切りを、アボカドオイルで炒めます。
アボカドオイルは、高温調理でも安心なオイル!
脂溶性ビタミンを含む、うま味成分たっぷりの椎茸も加え、オイルをなじませます。
水を入れたら、天然塩や当帰入りハーブソルトと野菜スープでコトコト。
加熱はするけれど、ビタミンC豊富な芽キャベツと赤ピーマン、味わい深いマッシュルーム、食感のメリハリをつけるために三度豆も加えてコトコト。
ミネラルの吸収と胃の働き促進のために黒胡椒はたっぷりと多めです!
こうすると、グルタミン酸をはじめとするうま味の相乗効果が、どんどん成されていくわけです。
そして、五臓を元気にするため、お酒をふっておいたコハク酸たっぷりの帆立貝柱を、にんにくのみじん切りを入れたアボカドオイルとバター、塩少々で軽く炒めたら、コトコトしているお鍋に投入。
仕上げに、うま味成分グルタミン酸!として、チーズを少々。(パルミジャーノ・レッジャーノも、ふつうのパルメザンチーズも我が家にないので、よつ葉の結着材不使用のものをパラパラ。)

リゾットは、お米の芯がわずかに残っているぐらいがベストなのでしょうけれど、今回は病み上がりなので柔らかめにしています。
どの食材も、うま味成分たっぷりなので、毒素も出ていきやすいうえに美味しくて、消化良く、栄養もとれてちょっとボリューミーな、私流の養生食(*^^*)

「帰ってきたら、昨日と逆 だね ♪ めちゃくちゃイイにおい〜 ♪ それにしてもスゴイ!」
とのこと。

娘曰く、どうやら私は『タダでは快復しない人』だそうです\(^o^)/




コメント
コメントする








 
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索