<< 慎重に | main | 心躍ること >>
2018年03月03日

時短!

「時は金なり」といいます。
時間はお金と同じように貴重なものだから、無駄に費やしてはいけない...と。


ボーッと過ごすことにも大切な意味合いがあると信じ、抜けているような自分も認めて過ごしていますが、同じ時間を費やすなら、意義ある過ごし方をしたいと考えています。

何しろ、ただ今は公私ともに多忙を極めておりまして...
けれども、気がつけば弥生。早いもので、もう3月!

時間を大切に過ごしていかねばと、切実な毎日です。

ひな祭りの今日は、任務を果たして帰宅すると18時。
いつもよりは断然早い帰宅時間ながら、朝から何も準備をせずに家を出たため、帰りの車中では「いかに早く、桃の節句に相応しい夕食を作るか!」こればかり考えていました。

人間、やれば出来る!笑



ご飯の炊き上がりを待ったロスタイムはあるものの、超特急で満足いく仕上がり ♪
まずは、はまぐりの砂出しとお米を炊くところから始まりました。
その間、鮭を焼き...身をほぐし...

春が香る アスパラガス、絹さや、菜の花を20秒以下の極短時間茹で...
粗雑で錦糸とは言えない錦糸卵をこしらえ...
れんこんの酢蓮はピンク色にしたかったので、レッドキャベツの色素成分アントシアニンをおすそ分けしてもらうべく、れんこんの上にのっけて作りました。
ご飯が炊けたら、黒酢で作った寿司酢を回し入れ、余分な水分がとびやすいように白すり胡麻を多めに投入。
ほぐしておいた鮭も加えます。

黒酢はこちらを使用。




一方、はまぐりの潮汁は、はまぐりに謝ってお断りを入れてから、熱いお湯で短時間の砂出し。
原木栽培の椎茸も加えて加熱した後は、きれいに洗って刻んだ新鮮な春菊をお椀に敷いて、上から熱々の潮汁を。
柚子の皮もちらしました。
身体の疲れをとり除き、気を巡らせる汁物です。



菱餅はないので、お団子です(*^^*)



菱餅と同様に、この三色にも意味があります。

今年は、時短で済ませた桃の節句。
時間をかけて色々作ったあの頃...子ども達の喜ぶ顔が見たくて、ひたすら頑張ってこしらえたけれど、今はいたってシンプルです(*^^*)


今週も、心身ともに精一杯、元気に動いてくれたことに感謝です!
脳梗塞で1週間ご入院された男性クラスの生徒さんと言葉を交わしながら、今日ある身体は奇跡だと思わずにはいられません。

ちなみに...
血管系にご不安がある方にオススメしたいのはこちらです(*^^*)


こちらを信じて使っています。
https://item.rakuten.co.jp/atowa/c/0000000154/

なんと、ペット用もあるのですね。
https://item.rakuten.co.jp/atowa/135957_1/#135957_1

家族、大切な方... 御縁ある、関わるすべての皆さまが、ますますお健やかでありますようにお祈りしつつ...


さぁ!時短調理によって生まれた余裕を他に活かしてまいります(*^^*)




コメント
コメントする








 
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索