<< おかげさまで | main | 謹んで >>
2018年12月31日

よいお年を ♪

今年も残すところあと60分をきりました。
テレビから、「平成最後の大みそか..」だと聴こえてきます。
こうして、もう二度と訪れないものと分かっていると、人はみな感慨にふけます。
ひとつの大きな区切りがあると、実感しやすいものですね。

西暦2018年の12月31日も、今日が最初で最後。
いつだって、もう今日はこれで最後だと思えば、もっと一日を大切に過ごせます ♪
当たり前のようにまた明日があると思って過ごすことは、思慮深いとはいえません。
だから、キリの良いところまで簡略おせち作り、頑張りますw。


年越し蕎麦は、にしん蕎麦にしようと思っていたけれど、娘の希望で帆立とイカと海老入りかき揚げをのっけた年越し蕎麦 ♪
ただ、お蕎麦だけでは足りない私たち(^^;)
ちょっと疲れ気味の私を慮ってか、帰省中の息子が「豚肉と小松菜のスタミナ丼」を小どんぶり風にこしらえてくれました。
けっこうデッカく切った生姜と、黒ごまがたっぷり!
身も心も、ずいぶん元気になりました。
お礼に、彼が喜ぶ竹輪の磯辺揚げもお蕎麦に加えましたw。


そして、「今年の疲れは、今年のうちに...」とばかりに、こちらの一品も。



「牡蠣入りほうれん草の煮浸し」

出汁は使わずに、水とみりん少々のところで舞茸を煮てから、薄い高野豆腐を加えて、お酒をふっておいた牡蠣を入れて火を通したら、お醤油。火を止めて少し煮ふくめておきます。
数分後、予め茹でておいたほうれん草を加え、ひと煮立ち程度。

舞茸と牡蠣からの出汁で、うま味が高野豆腐に沁み入り、この出汁も余すことなくいただけます。

年末年始、お酒で疲れた肝臓をいたわるためにも...慌ただしくて疲れてフラフラの時も...食べ過ぎて解毒したい時も...。
おすすめです(*^^*)



今日の自分を体験するのは初めて。
当然のように明日があると思っていたら人生が終わっているかもしれないから、可能なかぎり一日を全うする 。
自分と相談しながら、人からの求めに応じられるだけの度量を養う。
こう想って、今年は自分本位に生きようと年初に表した漢字一文字「自」を念頭におきながらも遂行できなかったので、来年こそは!デス。

本年も、こちらのブログをご覧下さいまして誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞよいお年を(*^^*)







コメント
あけましておめでとうございます。
旧年中はあたたかいご指導をいただき、本当にありがとうございました。年末には、ご多忙にもかかわらずお心のこもった素敵なメッセージカードをいただき、ありがとうございます。
メールでのご挨拶は失礼かとも思いましたが、ご家族お揃いの大切なお時間をできるだけお邪魔せずに、ご負担をかけずに、でも、新年のご挨拶を申し上げたいと思いまして、このような形にさせていただきました。
友麻先生の人生への姿勢に、いつもいつも大変多くのことを学ばせていただいており、尊敬申し上げております。本当にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
1月5日の御目文字を楽しみにさせていただいております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
  • 柏原留美子
  • 2019.01.01 Tuesday 01:06
留美子さま
明けましておめでとうございます。
こちらこそ旧年中は温かい御心を賜りまして誠にありがとうございました。
ご家族皆様お揃いで、清々しい元日をお迎えのことと存じます。
新しい時代の幕開けを前に、心が引き締まりますね ♪
お互いに、今年も毎日を充実させてまいりましょうね。
5日の講座であらためてゆっくりと(*^^*)
御丁寧にありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
  • ゆうま
  • 2019.01.01 Tuesday 19:42
コメントする








 
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索