2017年08月16日

影響

マスメディアの影響は、すごいですね。
テレビを見る人が少なくなったとはいえ、やはり影響力は大きいようです。
その人に、本質を見極める力がどれぐらいあるかは、また別の話ですが...。
一つの情報としてインプットされると、キーワードとなる言葉...たとえば「ダイエット」などに、アンテナがピピッと向かわれるのでしょう。

NHK 朝の番組で、蕎麦の実が紹介されていました。

「視聴者が店に走って買い占めるから、きっと品切れだろうね。」
この息子の言葉を確認するかのように売場を覗いてみると、確かに昨日まで置いてあったものが、案の定すっからかん ♪
飽きっぽい人は続かないでしょうけれど、こういう現象は困るんですよね(^^;;

我が家では、夏バテ防止や“氣”を降ろすため、血管を丈夫にするためにも、ご飯に加える雑穀類の中に、蕎麦の実も入れて炊いています。
また、近くのお蕎麦屋さんで購入している国産 蕎麦の実で作った蕎麦茶も愉しみます。



水溶性の優秀な栄養素は、抽出されたお茶としていただくのですが、いわゆる出涸らしであっても、その後は捨てたりせずに、貴重なタンパク源として利用するのが私流。
脂肪の蓄積を防ぎたい方にも良い、必須アミノ酸が含まれていますし、ふやけて柔らかくなっているので、消化も助かります。
味噌汁の具材の一つとして加えても美味しくて、炒め物に加えたり、はたまた豆乳ヨーグルトにも...と、有効利用は幅広いのです。



こちらは、『夏野菜と黒豆テンペのソテー』

うちで採れた茄子、ピーマン、プチトマト、パプリカ、ズッキーニ。きのこ類はエリンギマッシュルーム。
安曇野産自然栽培黒豆のテンペは、クセもない優秀な発酵食品。
あらかじめ、米油を使って軽く塩と黒胡椒をふって炒めておきます。
野菜ときのこ類は、オリーブオイルを使ってソテーし、蕎麦茶の出涸らし蕎麦の実を加え、最後に黒豆テンペを投入。

朝の一品としてテーブルに並べると、娘と息子が絶賛してくれました(*^^*)


二人が帰省中、私にくれた嬉しい言葉は数多あります。
そのごく一部に、
「この味覚を養ってくれたことに感謝。」
「親の影響を受けて、身体を気遣って料理できるようになれたことに感謝。」
「一緒に食材の買い出しをすると、とても参考になるし、楽しい!」
というコメントもあり ♪

このところ、ずっとハードだった私を労って、温かい思いを寄せてくれた二人に、私も感謝。とても心強いです。


「影が形に従い、響が音に応ずる」の意から、他に作用が及んで、反応や変化があらわれることを 影響 といいます。

親として、二人にどのような影響を与えたのか、今後も次第に表れていくことでしょう。
けれど、愛情をもって身体を育む食生活においては、子育てできる程度の基盤が調ったと確信。

味覚を養うことや、食の知識をもつことは、生きる知恵のひとつです。
小さなお子様がいらっしゃる御家庭では、2歳から18歳迄に...と呑気なことは仰らずに、遅くとも小学校低学年までに基盤をお作りになると善いでしょうね ♪







カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索