冬瓜の親子スープ

あぁ〜〜幸せ..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. 

あぁ〜〜美味しい.。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. 

昨夜は、こんなに感激するほど美味しいスープをいただきました。

自分が作った料理よりも、作ってもらった時は美味しく感じるものですが格別でした!

仕事から戻る私の帰宅が22:00頃。それに合わせて、帰省中の息子が作ってくれたものです。

冷蔵庫の中身…何を使っても良いよ~と説明して出かけましたが、アイディアもナイスな絶品スープにウルウル。

私が作ったものではありませんが、身体に優しいので敢えてご紹介したいと思います。

手前味噌を並べて申し訳ありませんが、息子が作った『冬瓜の親子スープ』♬



予め、出汁で煮た冬瓜にはみりん少々と醤油、隠し味にリンゴ酢を少々加えたそうです!

昨日からお酒と塩麹で下味を付けていた鶏もも肉とアスパラを炒めておいて後から加え、葛粉でとろみを付けてから卵を溶き入れる…という簡単なものですが、ホント美味でした。

身体の余分な熱をとってくれる冬瓜は、カリウムが多く利尿作用があり腎臓に優しいし、消化が良いので遅い時間に良い…

葛粉で筋肉のこわばりをとって口の渇きも取り去る…

と、私にとって良いものを考えてくれたようです。 分かってるなぁ〜♡

思い遣りに満ちたスープ。

鶏と卵の親子スープを親子で舌鼓。

感涙にむせぶ母でございました(*^^*)

食事は思い遣り。

人を気遣い、自分を労うこともできます。

おかげさまで、今日一日も頑張れそうです(^O^)/

by
関連記事

コメント4件

  • みほ より:

    友麻先生、こんばんは♪
    今日も 猛暑の中、お仕事お疲れ様でした。

    友麻先生が感涙されたご子息の冬瓜の親子スープをご紹介頂き、ありがとうございます。

    友麻先生の教えをしっかりと受け継がれ、しかも独自のアイディアをプラスされてらっしゃるのが、とても素晴らしいですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    私も是非、参考にさせて頂きます(*^^*)

    ご子息がごく自然に労う気持ちをお持ちなのは、友麻先生の温かな食育で立派に成長された証ですね*\(^o^)/*

  • ゆうま より:

    みほさん、もったいない御言葉ありがとうございます!

    親馬鹿満載ですが、とても嬉しいことでした。
    食育…そうですね。いつも、そう思って育ててまいりました。
    けれども、知識というのは活かしてこそ身に付くものですから、今後も子ども達がどのような食の価値観を持つのか…そこで伝わっているか否かが判ると思います(*^^*)

  • Rumiko より:

    すばらしい!!ご子息は確かまだ大学生さん・・・ということは、ほんの数年前まで高校生っ?!高校生といっしょに生活の科学と文化を考えることを生業とする身としては、こんな愛情と思いやりがいっぱいの素敵なスープと素敵な料理王子のお話を読ませていただくと、興奮します。仕事柄、数えきれないくらいたくさんの男子学生と接しますが、ここまでちゃんとできる料理王子はなかなか居ません。料理王子様は、いったいどのようにしてこのような知識と技術を身につけられたのでしょうか?友麻先生のなさるのをずっと見ておられて身につけられたのですか?ダンディなお父様についてのブログを読んで感動した時にも思いましたが、友麻先生の誠実で清らかなお人柄の魅力は、やはり素敵なご家族と、お互いに愛し合い、思いやり合い、影響を与えあう中で育まれたものなのですね。

  • ゆうま より:

    Rumikoさん、こんばんは(*^^*)
    もったいない御言葉ありがとうございますm(_ _)m
    息子は小学生の頃から生活習慣病の恐ろしさを目の当たりにしてきましたので、食生活に対する意識が高いと思われます。
    この母親……結構うるさいので(笑)
    食生活は生き方を反映しますので、誠実な心で取り組む姿勢を学んでほしい一心です。
    本当にありがとうございますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。