アクシデント!

目まぐるしい一週間の最終日。

本日の講座は、梅田にて一つの講座のみでした。

御欠席される方が多いことは先週の時点でお届けがありましたので、本日は御参加メンバーが半数で始まりました ♪

いつものようにストレッチと軽い筋トレをしていますと…

「体勢を変える時は、慎重に慎重に…用心して…」と常々お伝えし続けている私。

ある動きから、身体を丸めて息を吐きながら、ゆーっくりと反対側に…

…!…

アレ?…

何だこれは⁉︎…

膝関節が曲がらない!…というか、捻れたままロックかかってるぞ!…

という、非常に不自然な状態で、身動きがとれなくなりました。

イメージとしては、鶏肉の手羽先の双方の骨の間の軟骨部分が、クルリン ♪となったカンジ。

身動きが取れないので、「うーーーん…」と横たわったまま…

驚かれて御心配くださる生徒さん方にお詫びしながら、どうしたものかとレッスンを中断。

初めての事態に、皆様が「大丈夫ですか⁉︎」と、不安げなお顔…

御身体の疲労をほぐしに久しぶりにお越しくださった方をはじめ、毎週お越しいただいている方々に申し訳ない気持ちが湧き上がりました。

同時に、このまま救急車かなぁとか、どうやって立って歩いて帰ろうか…困ったぞ…と様々な思いが交錯します。

慌てず 騒がず 狼狽えず。。。

息をゆっくりと吐いて、吐いて、吐いて。。。

生徒さんまでもが、同時に息を吐いてくださっていたと、生徒さんのTちゃんが教えてくださいました。

私は、いつものように膝に向かって「どうしたの?大丈夫?がんばって治ってね!」と、傍から見ると「誰に喋ってるねん」と言われそうなほど膝に尋ねました。

すると、なんと徐々に関節が伸びてくれるようになり、捻れた部分の違和感もなくっていくではありませんか。

すかさず、Tちゃんに鞄を持ってきて頂き、誰に何があっても応急処置出来るように持参しているものを自分に使用。



外用消炎鎮痛エアゾール剤をシューッと!

で、サポーターを装着してレッスン再開。

「備えあれば憂いなし」…こんなこともあるので荷物は減らせません (>_<)

およそ7~8分だったでしょうか。         治まってくれてホッと胸をなでおろしました。

ゆっくりと体勢を変えても、このような事が起こるのねと、改めて身体に畏れの気持ちを持った次第です。

おかげさまで痛みもなく、多少の違和感は残るものの無事帰路につきました。

何をしたのか?  何が原因なのか?

自分なりに因果関係を分析してみました。

先ずは、連日の動きの多さによる無意識の筋肉疲労

そして、朝晩の低い気温による無意識の冷え             これらは多分…のレベル。

更に突き詰めると、重い荷物を引いていた反対側の大臀筋•中臀筋•小臀筋 そして梨状筋の張りが、大腿部の筋肉に伝わり、膝の外側側副靭帯に影響したんだろうなぁと、帰宅して人体解剖図の本を引っ張り出してきて納得しました。

筋肉の場合、関節がずれると周囲が感じ取り、情報を脊髄や脳に伝達→そこからの指令によって筋肉を動かすので、はたらくまでに時間がかかりますが、今回のように体勢を変えた時に膝の関節がずれそうなったのを受けた靭帯は、その硬さを利用してすぐに関節を支えようとはたらくので、まるで「ロックがかかった手羽先」になったのでしょう。

もしも、無理矢理動いていたら「靭帯損傷」です。

アブナイ  アブナイ…

ちょっとしたはずみに起きたアクシデント。

どうぞ皆様もお気を付けてくださいませ。

本日のクラスの皆様。 レッスン中断して御迷惑をおかけいたしましたm(_ _)m

皆様が御心配くださり、温かい気を注いで下さいましたことで、事なきを得ましたm(_ _)m

この場をお借りして深くお詫び申し上げますとともに、心より感謝申し上げますm(_ _)m

多謝✨

by
関連記事

コメント6件

  • Rumiko より:

    先生~!!今日は大事に至らず本当によかったです!!落ち着いてご自身でアッという間に治してしまわれるところが、さすがでいらっしゃいますね!!私たち生徒は、あのような場合、何もできず、ただただ心配するばかりで、本当に申し訳ございませんでした。ご様子から、大丈夫(関節をはずした高校生はたくさん見て来たので・・・)でいらっしゃるだろうとは思いつつ、友麻先生の知識と技術でできないことは私にできるわけもありませんので、頭の中は医師と連絡をつける方法とタイミングを考えておりました。たいていのカルチャーセンターやショッピングセンターの事務室は、医務室は無くても医師と連絡をつける方法等は備えているはずですから・・・。友麻先生、いつも私たち生徒のために、いろいろシップ薬等を入れて重い荷物を持ち歩いて下さって、ありがとうございます。私もいつも重い荷物を持ち歩いてしまうのですが、重い荷物って、例え地面を引っ張るタイプであっても、ほんっとにからだのバランスを崩す気がしています。加えて、友麻先生の超多忙なスケジュール・・・どうかくれぐれもご自愛下さいますようにお願い申し上げます。ご自分で治された後、いつも通り元気に踊られる友麻先生のお姿にホッとするやら、うれしいやら、そのお美しさに見とれてしまいました。見とれるばかりで、また今期も、振り付け、覚えられないかも・・・(スイマセン)。

  • ゆうま より:

    Rumikoさん!本日は御心配をおかけいたしまして申し訳ございませんでしたm(_ _)m
    どうしましょう!という状態の時、高校では学生さんの健康を預かる保健部長もされているRumikoさんに、思わずすがりそうになりました(^ ^)
    クラスの皆様のお優しい表情と、温かい御心に甘んじてはいけないのですが、寛容な御心には本当に感謝ですm(_ _)m
    慎重にしていても、それまでに蓄積されたものが、何かのはずみで爆発することを再認識いたしました。
    これも良い学習でした。
    荷物が多いのは性分だと思いますが、用意も出来るだけ効率良くしていきたいと思います。

    ちょっと怖いレッスンになってしまって反省ですm(_ _)m

  • 淳子 より:

    友麻先生!!毎日の終わりの寝る前にBlogを楽しく拝見させて頂いてるのですがびっくりしました!(>_<)
    そんなことがあったのですね!私たち、生徒にとって大切な先生なので、ご無理なさらないようにしてください。お身体が一番大切ですのでご自愛くださいませ。
    ゆっくりなさってください。(-_-)zzz
    いつも為になる講座と楽しいBlogを発信してくださり、ありがとうございます。
    おかげさまで私の日々も楽しく彩られ感謝しております。これからもご無理の無い範囲で宜しくお願い致します。応援してます、夏希先生の幸せを願っています。(@^‐^)/~~~では、また☆*

  • ゆうま より:

    淳子さん、おはようございます(^^)
    昨夜は、温かいコメントをお贈りくださいましてありがとうございました。
    おかげさまで、違和感もなく通常通りです。自分でも驚くほど早い回復でした。
    突発的に起こったことで、一時はどうなるかとヒヤヒヤものでしたが、淳子さんはじめ、御一緒していた生徒の皆様、そして、このブログを御覧になり御心配くださる皆様の想念が、ここまでの回復に導いてくださったのだと深く感じます。
    本当にありがとうございますm(_ _)m
    いつも無理はしておりませんので、どうぞ御安心ください(*^^*)

  • ATsuMI より:

    おはようございます。

    今 ブログを拝見してビックリしています。
    今朝 膝関節のお痛みは大丈夫ですか?

    私も一日中ほぼ立ちっぱなしの仕事のため 時々股関節や膝に痛みを感じる時があります。
    そんな時は焦らず慌てず狼狽えず。。。
    息をゆっくりと吐いて吐いて。。。ですね。

    身体が痛い所がなく健康であるということは本当に有り難く。。。
    有るのが難しいくらい奇跡だと思います。

    先生がいつもお身体に「今日一日ありがとう!」と言われているように
    私ももっともっと自分の身体を労り 感謝していきたいと思います。

    お忙しい中 毎日のブログの発信有難うございます。
    先生のブラグを拝見するのが私の楽しい日課になり 先生のことがより身近に感じられ嬉しく思っております。
     
    友麻先生 お大事になさって下さいね!

  • ゆうま より:

    ATsuMIさん(^o^)/御心配をおかけして申し訳ありません。
    かなり複雑な違和感と、脚の曲げ伸ばしが不可能だったのが、まるで嘘のようです!
    こんなことってあるんだなと驚いています。
    ATsuMIさんも、股関節やお膝を労って御大切になさってくださいね。

    今回の出来事で、ますます慎重になりそうです(*^^*)
    ありがとうございましたm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。