空の色が物語るもの

見上げれば…

「春霞」という季語のように、大気中に水分を発散する自然の営みというより、コレってPM2.5混じりの黄砂ですか?…と聞きたくなるほどの空。

神戸の月曜日クラス最終日は、六甲の山々も鮮明に見えることはなく、ちょっぴり残念な青空でした。

車もすぐに汚れてしまいます。

咲き始めた美しい桜にも申し訳ないなぁ。

大気中の汚染物質のことを心配したところで自然の力には逆らえず、風を司る風神に風向きを変えてもらうわけにもいかず…

どんな空気が自分の肺に取り込まれているのか、知らぬが仏 なのでしょうか。

排気ガスに含まれる物質を投与したマウスに、高脂肪食と普通食、ベータカロテン添加食の三群に分けて餌を与えた時の実験結果を読んだことがあります。

結果は歴然としていて、高脂肪食とベータカロテン添加食群では悪影響の及び方が全く違ったそうです。

紫外線も大気汚染もシャットダウン出来ないものだからこそ、生きているうちは上手くお付き合いしなければならないという覚悟も必要になりますね。

そろそろ東京に戻る息子に、まだまだアレコレ食べさせてあげたくて、ついつい「腹九分」「腹十分」にさせてしまったわけですが、今日は朝からお肉を。

神戸牛のもも薄切り肉をガーリックオイルで…

そして、かぼちゃ・カラーピーマン、プチトマトなどの緑黄色野菜でベータカロテンを取り入れて、汚染物質の害を予防します(*^^*)



脂溶性の成分が豊富なので、アーモンドスライスをちらし、アーモンドオイルもかけて ♪

スッキリと澄みわたる空はとても気持ちがいいけれど、霞んだ青空が「身を守るために、貴女は何かしているの?」と問いかけるような空も必要なのだゎ…と無理矢理 自分に言い聞かせた一日でした。

明日も良い一日になりますように(*^^*)

おやすみなさいませ〜✨

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。