克己

「克己」…という大層で仰々しいタイトルをつけてみました♪

自分の欲望や感情、それに衝動などを意志の力で抑え、「おのれに かつ」…

論語には、「克己復礼」ということも説かれています。

私欲にうち勝ち、礼儀をふみ行うようにすること…

一生かかっても難しいことだと思いますが、心の調和をはかるうえで、これほど大切なことはありません。

ひとり暮らしの子ども達の帰省も終わり、ホッと一息。

毎日をしっかり過ごすために、二人に贈りたい言葉です。

もちろん、自分への戒めとしても…。

今日のお昼は、ストレスに打ち克つ術の一つとして、「パントテン酸の摂取」をテーマとして つけ麺にしました。  動機が大層な〜って? 笑

ビタミンB群の中のパントテン酸が不足すると副腎の機能が低下するので、ストレスに対抗するホルモンを作る力が弱くなります。

ストレスに負けやすい体は、「克己」はおろか、己(おのれ)の芯すら分からなくなります。

ただのつけ麺ですが、鶏の胸肉(酒と薄口醤油で下味)・舞茸やえのき茸、なめこ といった きのこ類でパントテン酸を補いました。

ねぎも含め、それらを少量のごま油で炒めて麺つゆを少々。 薄味にしておきます。

ほどよい味の麺つゆに、それらを入れます。

半田麺をゆでます。

なめこ でとろみが付き、味がからまりやすいところにつけながらいただく…というもの。

チューブや粉ではない 本わさびをすりおろして、一緒にいただきました。

高速バスで東京に戻る息子は、玄関を出て 申しました。

「ありがとう!行ってきます!」

そうか!……

「行ってきます」の言葉に、決意と克己心を感じます。

私も、明日からしっかりせねば(*^^*)
by
関連記事

コメント2件

  • キア様 より:

    本日も参考になるレシピありがとうございます!

    鶏のムネ肉。
    サッパリしてて夏にぴったりな食材ですね。
    参考になります。

    ボディビルダー必須のムネ肉、
    まさに克己の象徴かと…

  • ゆうま より:

    キア様
    今夜もお越しくださいまして ありがとうございます ♪

    鶏のむね肉には、筋肉疲労を防ぐ効果があるペプチドが豊富に含まれていますものね(^ ^)
    良質のたんぱく質は、しなやかな筋肉構築のためにも必須ですね。
    きのこ類もそうですが、栄養の代謝に必要なビタミンB群はとても大切です 。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。