命限り

虫しぐれの夜…

その虫の音が、悲しみにむせぶ私の声をかき消します。

昨夜遅く、うちの カブ君が短い一生を終えました。

7月の19日に実家に迷い込み、私の家で40日間 心に潤いを与えてくれた カブト虫 の話でございます。

クワガタとカブト虫に対する情がとても厚い私にとって、久しぶりの号泣。。。

父が亡くなった時に次ぐ涙と鼻水。。。泣

オカシイでしょうか。。。泣笑

昆虫の小さな体は重心が上にあり、木などにしがみつくために脚の力が強い… その6本ある脚の前の2本がほとんど動かず、起こしても起こしても バランスを崩してコテンと仰向けになる様子に「生き物のさが」を まざまざと見せつけられました。

カブト虫は ひと夏だ と分かってはいても、保温さえ怠らなければ長生きしてくれるかなぁと、ひそかに期待をしていたのですが…

直前まで羽をパタパタ…ガサゴソ…していたのは、元気だからではなく私に最期のメッセージを伝えたかったのか、自然の中に放たれたかったのか…

看取れたことは幸せでした。

今朝は、出かける前にお礼を言って 丁重に土に還してお別れ…

私の夏が終わりました…

ただ、昔は舞台人だったので切り替わりは早いほうです。笑

今日も、元気に務めを終えました ♪

でも…

帰宅して「カブ君、ただいま〜♪」と定位置に目をやっても、其処にはもう飼育ケースがありません。

ベルばら✨の「アンドレ…もう お前はいないのか…」の如く悲哀に満ちた空気感。

このままではペットロス 、いえ「カブト虫ロス」になりかねません。

そこで!

気が滞って鬱滞しないように、夕食準備前にこちらをいただきました。

大切な無農薬レモンは、キッチンペーパーにキュッと包んで冷蔵保存してあったので、搾った後に皮をきざんで蜂蜜に漬けていました。

りんごはレモン汁で酸化を防いだうえで、この蜂蜜レモンを和えちゃいます ♪

レモンなどの柑橘類は、気滞の改善にも役立ちます。

涙枯れるまで泣いた体には、蜂蜜で潤いを改善。

りんごで心の安定をはかります。

とまぁ、このようにしながら過ごした私。

ご参考まで(*^o^*)♡

命限り頑張ったカブ君に…合掌✨✨✨

by
関連記事

コメント1件

  • ゆうま より:

    みほさん、こんばんは✨( ´ ▽ ` )ノ

    温かくお優しい御言葉を本当にありがとうございましたm(_ _)m✨

    「カブ君〜♫」と呼べば、頭を上げて近づいてくるようなカブト虫だったんです…
    愛情が泉のように湧いてまいりました。
    体は小さな昆虫ですが、命の重さ尊さをあらためて感じさせてもらいました(*^^*)

    気が滞らぬように、毎日を命限り 生きていこう!と思います♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。