幼き日の思い出

へぇ〜 ♬

阪急百貨店で『くまのプーさん 展』が、開催されているそうです♡

一日の終わりに近づく帰り道、このプーさんの図は和みます(*˘︶˘*)

そういえば、自宅にあった ♪あった ♪〜と久しぶりに手にとります。

私が3歳の時に、父がプレゼントしてくれた絵本 ♬

いったい何年前でしょうか。笑

裏を見ると…

安い。

440円!

なるほど。

今は、この大きさの絵本って如何程のお値段なのでしょう。

この絵本も、母の膝の上で読み聞かせてもらいましたっけ。

私も子どもたちのために大切に保存して、同じように読み聞かせてあげました。

幼き日のやさしい思い出は、温かい色彩や言葉の音 、香りや感触とともに、しっかりと心にインプットされています。

時々、母にお願いしていました。

「ねぇ。私が大人になったら、どんな子供だったか ちゃんと覚えていて話して聞かせてね〜。」

3歳。

就園前。

タンスの前で仰向けになり、ゴロゴロしながら。

母は前向きで、過去のことは ちゃっちゃと忘れていくタイプなので、それを見越していたのでしょう。

そんな生意気なことを言っていた光景は、今もハッキリクッキリしています。

思い出は色あせず、今もこうしてプーさんの絵本にふれるだけで すぐに甦ります。

プーさん♡ありがとう。笑

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。