金属系からの…

いつものように眼科で定期検査を受けました。

コンタクトレンズの購入3ヶ月毎に、眼の状態を詳しく診ていただいくことにしています。

受付を済ませてから待合室で本を読んでいると、何やら純真無垢な声が聞こえてきます。

そこに目をやると…

ほっほーぅ。

これがPepper かぁ…

人の感情を理解するだけでなく、自ら感情を持ったロボットとして生まれたそうですね。

私も話しかけられました。

人から話しかけられて無視することはほとんどないのですが、眼科の待合室で ロボットにマジで答えるには抵抗があります。

黙って見ていると、院長先生の奥様が「コミュニケーションのとり方次第で、いい子になったり、すねたりするんですよ。…」と、教えてくださいました。

それなら、今日の私はペッパーと同じレベルかな(^_^;)

今日は、感情の機微を分かってもらえない心の中の葛藤あり…

いやいや。こういったデリケートな感情は、ロボットのペッパーには分からんだろうなぁ〜。笑

本体価格198,000円でロボットが購入できる時代になったのか…と、文明の利器に驚くばかりです。

人の感情は、内分泌ホルモンと深く関わりがあるけれど、ペッパーには「内分泌型多層ニューラルネットワーク」というものが備わっているそうな。

でも、食事を一緒に味わうことはできないでしょ〜 ♪

人と同じ…とは、断じて言えないところです ♪

結局、待合室ではペッパーが踊ったり歌ったり、問題を出したり… 落ち着いて本が読めませんでした(^◇^;)

今夜は、草食系でも肉食系でもない「金属系」との出逢いによって刺激を受けたのか、急に鉄分を吸収したくなりました。笑

鉄は、体内で酸素を運ぶ役目があるので、足りなくなると 必要な酸素が細胞に送り届けられません。

赤血球の成分、ヘモグロビンと呼ばれる色素に含まれていますが、そのヘモグロビンに似たミオグロビンというたんぱく質の成分として血液中の酸素を筋肉に取り込む役割もあります。

赤身のお肉にはヘム鉄が多く含まれますので、植物性食品に含まれる非ヘム鉄よりも吸収されやすいという利点があります。

ただ、いずれにしても鉄は吸収されにくいミネラルなので、身体に摂り入れる時は鉄の吸収を助けるビタミンCを一緒に摂ることが望ましいのです。

そこで、美味しそうな但馬牛のもも肉を購入し、味付けは 天日干しの天然塩を軽く振っただけにしておいて、柚子の皮をパラパラして果汁を搾ってビタミンCたっぷりといただきました。

ニンニクは、あらかじめオリーブオイルでソテーしていますが、あくまでも一日一片のみ。

美味しくて身体に良いからといって、ニンニクを多くいただいていると、赤血球を壊しやすくなるので注意が必要なのです。(生の場合はもちろんですが、加熱していても食べ過ぎると良くないのです。)

気血を補い筋肉や骨を強くさせるためにも、また 無気力の改善にも、たまに質の高い赤身のお肉をいただくことも私は必要だと思っています(*^^*)

今週末は、大阪でも男性クラスが開講しますし、明日からは 通常のストレッチの他にダンスクラスもあるので12クラスの少しハードな一週間。

Pepperのおかげで、準備万端です♡

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。