マグネシウム

先週、私が人生初のぎっくり腰で苦しんでいた頃…

骨折で苦しまれた方がいらしたことを今日はじめて知りました!

御本人は、いつもと変わらずチャーミング♡ お怪我もユーモアで吹き飛ばされるほどですが、利き手を固定された その痛々しいお姿に私はとても驚いてしまいました。

用心していても、怪我は突然の出来事で起こるのですね。

何が起ころうとも、早く回復する体力とメンタルを平生より養っておかないといけないなぁと、最近つくづく感じます。

私の場合、ありがたいことに仕事柄 常に身体を鍛えていることと、治す術を知っていたからこそ ぎっくり腰はスピーディーに回復いたしましたが、骨折となると時間も要しますから、身体に感じるストレスは如何許りかと思うのです。

そこで ♪

食べ物によって早く回復するように、身体の修復を促すとすれば…

もちろん、様々な栄養素をバランス良く摂り入れることは言うまでもありませんが、一つだけピックアップするとすれば「マグネシウム」でしょう。

筋肉や骨、脳や神経、血液などの あらゆる細胞に存在しています。

骨=カルシウム  という単純なものではありませんし、マグネシウムは骨や歯の形成に必要不可欠です。

また、カルシウムは筋肉を締めて、マグネシウムは緩める働きがあります。

血圧や神経伝達にも深く関わるのですが、世間では意外と重視されていないので不思議でなりません。

さらに言えば、脂肪燃焼のためにも新しく細胞を生み出すためにも、なくてはならない存在なのです。

なのに、汗や尿と一緒に排泄されたり、ストレスによって どんどん減っていくのですから、毎日頑張って補うしかありません。

誰かがプレゼントしてくれるわけでもなく、意識的に摂り入れるべきなのです (*^^*)

もっとツッコんだ話は、長くなってはいけませんので 私のクラスにお越しくださった時にするといたしましょう。笑 

今週金曜日からは、神戸でも開講です ♬http://living-cul.com/course/a011000000fETwiAAG/

とにかく、ぎっくり腰からの筋肉の復活も、骨折の再生促進のためにも、ストレスに対抗するためにも…「マグネシウム」!

豆類、未精製の穀類、種実類、野菜類、海藻類、魚介類に含まれます。

私は、毎朝の簡単なお味噌汁に豆乳を混ぜたり…

胚芽米と玄米や雑穀類に、胡麻やフラックスシードをパラパラしたり…

と、意識して日常に摂り入れています。

筋肉や骨のために、他の栄養素も大きな役割を担っていることは、また追々と♡

本日も、ありがとうございました(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。