橙色

だいだいいろ…

この言葉を使うことが少なくなりました。

オレンジ色というのがほとんど。

今日は、敢えて 橙色 と呼びましょう ♪

私の「橙色好き」は、今に始まったことではありません^o^

はっきりと自覚できたのは、小学校一年生の時。

バレエのお稽古で、周りのお友達が着ている 可愛いピンク色のレオタードには目もくれず、自分は橙色。

一番落ち着いて踊れました。

そのまま大人になり…

相も変わらず、この色に励まされる毎日。

最近 出会った軽量bagも、迷わず橙色をチョイスしました。






「SEVE MY BAG」の おっきなサイズ ♪

耐荷量10㎏とのこと。

常に荷物が多く、股関節に負担がかかっているであろう自分への労いで購入しました。

橙色は社会的な色といわれ、陽気で光輝く色。

橙色を好む人は、うらやましいほどの元気があって、貧富、賢愚、高低を問わず、どんな人にも寄り添っていくユニークな能力をもつ。

さらに人なつっこく、微笑をたたえ、理解が早い。

ややお人好しなところがあり、社交的で、ひとりぼっちに放っておかれるのを好まない。

(中略)

いつもエネルギーを一方向に注ぎ、仕事を完遂させる能力にたけている。

デザインのセンスがあり、身の回りを形づくり構築することを好む。

乱雑は感じが悪いと強く受けとめ、家や事務所をきちんと整理しておく。

……

父が遺してくれた  野村順一先生の「色の秘密」という本に、このようなことが書かれています。

常に橙色で身の回りを飾り、いつも橙色しか着ないといった傾向は、よほどその人が赤と黄の刺激的な性質を必要としているのでしょうけれど、私は要所にあれば満足 ♪

…といいながら、その要所が多いかな。笑

日々、橙色に活力をもらっています(*^^*)

by
関連記事

コメント1件

  • Atsumi より:

    友麻先生 こんにちは〜\(^o^)/*

    昨日 バックを拝見した時
    「わぁ〜〜素敵なバック〜〜^ ^ 」って思いました。
    とても 綺麗な色ですね。。。

    橙色を好む人〜〜
    元気があって 人なつっこく 微笑をたたえ そして理解が早く 仕事を完遂させる能力にたけている。。。
    まさに 友麻先生のことですね(^ ^)

    橙色を見ると 友麻先生のことを思い出します笑

    私はホワイトとピンクが好きなのですが〜〜

    気分転換をする時は 以前 先生が仰っていたピンク色を意識するピンク呼吸をするようにしています。

    体の中の淀んだ空気を吐き出して イメージしたピンク色を鼻から吸って 少し止めてピンク色を体中に巡らすと フッと幸せな気分になれますね(^ ^)

    色って大切だなぁ〜って思います。
    色のイメージを上手に使って ハッピーになりたいと思います^ ^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。