心を開く

心の力を信じて レクチャーする毎日です。

伝わるといいなぁ…ではなくて、着実に伝わるように!

格好つけて魅せるようなものじゃなく、人間対人間として裸でぶつかるような感覚。

本日は、女性ならではの思いを共有できるクラスの後、平均年齢もはるかに高い男性クラスが、朝から続いてありました。

教室に響き渡る はじめの挨拶が、太く力強い声であることで、私のチャンネルが瞬時に切り替わります。

昨秋から始まったこちら神戸での男性クラスも、今では「この先も、ずっと続けてありますか?」「おかげさまで、イイ感じです!」とのお声をいただくまでとなり、講師冥利というか人間冥利につきる時間です。

伝え方に技術が必要なのは分かりますが、私が何を思い、何を考えて伝えるかによって、結果は大きく違うと信じています。

「自分がいかに感じるかをさらけ出すことは、自分で自分を開いて 他人が見ることができるようにすること」

「自分を透明にすると、関係がより親密になる」

「正直と開放性が、親密さ…真の人と人との関係の…を育む」

この子育てから学んだことが、全く違う場において共通していると実感します。

雑念をもたず 心を開くことは、時として危険なこともありますが、誠心誠意伝える必要な場面においては大切なことなのです。

今週も多くの方々とご一緒できたことに、心から感謝❣️でした (﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

過去にもご紹介しましたが…こちら、ご参考まで…

幼い子どもからティーンエイジャーの子育てにお悩みの方も…

子どもが成人しても、親であるかぎり…はたまた、人間対人間の根本を学ぶためにも参考になります。

親子関係の構築は、マニュアル通りにいきません。

けれども、頭の片隅に置くだけで、お互いの人格を尊重した関係が築けるということを 私が自信をもって立証いたします☆

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。