グルテンフリー ♪

ゴールデンウィークに入りました ♪

ご家族連れの様子を見るたびに、懐かしい光景を思い浮かべます。

お休みで子ども達が傍に居ること…これは、私にとって安心感のある嬉しい時間でした。

朝食が済むと家事もそこそこに、すぐさま昼食の準備をしなくてはならないことも、「将来、この忙しさを懐かしく思い出す時がくるだろうな…。」と、大切に過ごしましたっけ。

現実、そうなりました(^ ^)

当時は、小麦粉食品を摂ることに対して大した疑いも持たず、パンやパスタを食卓に登場させる頻度が高い我が家でした。

今ならどうするでしょう…

「グルテンフリー」という言葉が行き交う昨今、私も意識するようになりました。

完全にグルテンフリーの食生活を送ることは難しく、実践してはいません。

けれども、小腸の絨毛と絨毛の間に存在するパイエル板がグルテンを察知し、「異物だ!」と免疫システムがはたらくことを知っています。

そして、身を守るために、グルテンだけでなく絨毛にも攻撃しようとするので、本来なら栄養を吸収する場所で不調和が起こるわけです。

結果的に、疲れやすくなったり様々な悪影響を及ぼします。

このようなことも踏まえて、主食を小麦粉食品に頼らない食生活を心がけ、たまにいただくスイーツを愉しむ ♪というスタンス。

ただ、パスタは大好き(*^^*)

そこで、ゴールデンウィーク第一日目の今日は、こちらを味わいました。

アボカドと豆乳のカルボナーラ風フェットチーネ!

そして、パスタはこちら。

神戸の上野商店さんの商品を使わせていただきました(^ ^)

高野豆腐の生パスタ風こんにゃくなので、グルテンフリーです。

下ごしらえとして、一度ザルで水洗いした後、熱湯で湯がきます。

この時点でソースとからめることもできますが、私はここでもう一つの段階をふみます。

洋風だしの素で、こちらを煮て下味を付ける… ♪

これだけで、こんにゃくからパスタへ更に近づきます。

アボカドはつぶして、色が変わらないよう&うま味を加えるためにバルサミコ酢少々。

味噌も加えておきます。

あらかじめ、オイルでニンニクを色づかせて取り出し、ここでパプリカとマッシュルームを軽くソテー。これも取り出します。

ガーリックオイルと化した風味の中、フライパンに刻んだアンチョビを入れて、先ほどのアボカドと合わせたら、無調整豆乳でのばして加熱します。

ここに、こんにゃく風パスタを加えてなじませたら、パプリカやマッシュルーム、ニンニクをトッピング。

オーソドックスなカルボナーラは好みませんが、アボカドと豆乳で作ると乳製品フリーなうえに、自然なコッテリ加減が生まれます。

身体にやさしい高野豆腐とこんにゃく。

アボカドに豆乳。

ニンニクとパプリカとマッシュルーム。

ここに小麦粉あらず ♪ です。

どうぞ、疲れ知らずのゴールデンウィークをお過ごしください(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。