さりげなく

先日、さりげない優しさをいただきました。

ほんわかとした気分にさせてもらったので、私も気持ちでお返しさせていただこうと思っています。

さりげなく、押し付けがましくないスマートな態度が魅力的なその人は、私のお手本でもあり、目下修行中(*^^*)

冷たい秋雨が続き、しんみりとした季節の移ろいを感じる一日。

母に、一品だけ届けることにいたしました。

橙色のじゃがいも、“インカのめざめ”を使ったソテーです。

家庭菜園の青ピーマン、赤パプリカ、カレーうずら卵 ♪

この小さなカレー玉を作りおきして、朝食時や元気が欲しい時、口寂しい時などにポイっと… が、オススメです。

以前、こちらのブログでご紹介したところ、アルツハイマー予防にも繋がることから、お試しになられた生徒の皆様には大好評です。

作った時に、フライパンに残ったカレー粉がもったいないと思われる場合…

他の材料に合わせてソテーすると、カレーパウダーが他に移ります(*^^*)

うずらの卵は、黄色いツルツルに戻りますが、全体の色は見た目からも気を補えます。

また、先日お伝えした 里芋のガーリックソテーの際にも使用したツナ缶(←お買い物に行けない時に重宝します。)は、こちら。

油を使用していないものを好みますし、味が上品なので、最近のお気に入りです ♪

こちらの味わいと天然塩とコショウのみの簡単なものですが、元気なスタートをきる一日の始まりにはぴったり♪

お弁当の彩りにもなります。

その“インカのめざめ ”は、カロテノイドの一種であるゼアキサンチンが含まれています。

ゼアキサンチンというのは、カロテノイドの一種。

ルテインと共に、目の黄斑部(網膜の一番よくものを見る部分)に存在しています。

体内で作ることはできません。

紫外線やブルーライトなど光刺激にさらされることが多い私たち。

白内障予防と、亡くなった父が苦しんだ加齢黄斑変性症の予防のためにも、目を守る抗酸化物質を積極的に摂って、黄斑の減少を防ぎたいと考えています。

かぼちゃやトウモロコシ、パプリカ、柿や温州みかん、卵黄などにも含まれますので、是非どうぞ(*^^*)

どこにでもありそうな一品にこそ、実はさりげない配慮が必要なのです。

あ、そうそう ♪

インカのめざめをじゃがバターでいただくと美味しいです。

さりげなくバターをとろ~ん。

こういう時は、乳製品どうこう言いません。笑

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。