嬉しい言葉

いただいた言葉が嬉しくて、その気持ちが一日中続いていました ♪

昨年末、生徒の皆様にそれぞれお渡しした手紙に対し、お返事をくださった方の御言葉に感激!

久しぶりにお目にかかる方々も、思い遣りに満ちた御言葉を掛けてくださいました。

それに、いつもと違う雰囲気のレッスン着をまとった私にくださる意外な「かわいい!」や、「すてき!」というスルスルと木に登りたくなるお褒めの言葉。

御世話になっている母の恩人である先生からは、「会いたかったので…」というキュンとくる温かい励ましの御言葉。

作ったものを「なんて美味しいの!」と大喜びしてくれる家族の言葉。

今もなお、その嬉しい気持ちが続いています。

同じ言葉も言い方ひとつ、言葉の掛け方ひとつで、相対する人の心は違うということを肝に銘じておかなければ…と、近ごろ人のふり見て思うことがあった私には、温かく心に沁み入ります。

低い温度で心も入っていない、うわべだけの言葉は、分かる人には分かるものです。

心ある嬉しい言葉で、周りの人も自分も、皆が幸せな心で過ごせると最高です(*^^*)

半年ほど前になりますが、整形外科の先生から「あなたの骨は、骨粗鬆症とは真逆で若竹のよう!」という嬉しい御言葉をいただいたことは、私の大きな励みとなり、油断しないための戒めとしています。

常日頃から、骨の健康も意識して食べ物を摂り入れているからなのか、身体に表れる結果が明白なことに納得したものです。

こちら、じゃこと昆布の佃煮風。

佃煮類は好まないけれど、こちらは重宝します。

昆布は、簡単に使えるものを使用。

余計なものが使われていない商品です。

こちらは海藻類。

ちりめんじゃこという優秀な青魚の脂肪酸を含む小魚。

そして、黒胡麻、かつおの本枯節、みりんと酒、ココナッツシュガー少々、黒酢たっぷり。

胚芽こめ油を少々使って、中火→弱火で加熱しながらなじませれば、すぐに出来上がりです。

(胚芽こめ油を加えると、小魚や昆布などに含まれる脂溶性ビタミンの吸収をアップ! 黒酢を加えると、カルシウムの吸収もアップ!保存もききます。)

これらを合わせてレンジでチン ♪では、すべての恩恵を台無しにしかねないので、私はガス火なのです。

お弁当にも使いやすく、自分で毎日のお弁当をこしらえる娘にもお裾分けしました。

ただ今、骨を強化中の母も大喜びです。

骨の老化は、本来の若さを失います。

それだけではありません。

血液も作られにくくなり、免疫力も低下し、さらに気力もダウンします。

再び、先生から嬉しい御言葉をいただくためにも 、骨粗鬆症対策は欠かせません(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。