思いをかたちに

思っていても、外側に表れないことがあります。

言葉に表しても、実際に形にならないと伝わらないこともあります。

だからこそ、思いが形に表れて大切な人々に伝わるなら、こんなに素晴らしいことはありません。

昨日のこと…

私の思いを形にしてくださる方にお目にかかり、お時間をいただきました。

こちらでご紹介する料理は、実際にこしらえているところを御覧頂いたり、召し上がっていただくことが叶わないために、残念に思うことしきりです。

けれども、私の推奨するものを御一緒に愉しみ、食養生の大切さを多くの方と実感する時間を共有できるなら、これはもう至上の喜びです。

ただ今、久々の実現に向けて着々と準備中。

お知らせできる時を心待ちにしているところです ♪

身体が必要としているものや、食べたいと思うものをイメージして、作る計画を立てていく…

料理することは、脳を活性化するにも非常にすぐれた方法であると、以前「ラジオは脳にきく」という本で読んだことがあります。

推考能力といって、物事を推し量りながら進めていく能力が必要とされるからだそうです。

料理のメニューを考えたり、実際に料理を作っている時、脳の前頭葉が活発に活動していることが証明されているとのこと。

いくつになっても、食べたいと思うものを自分で作れたら、脳を健やかに保てるような気がします。

こちらは、半生の新茶そば。

店頭で、食べたいものを見つけました。

見つけたとたん、何をのっけようかとイメージがふくらみました。

そして、美味しく食したものがこちら ♪

「茶そばサラダ」です。

帆立貝柱、釜揚げ桜えび、オクラに赤パプリカにプチトマト。

クレソンをあしらい、ローストしたアーモンドをフードプロセッサーにかけて粉状にしてパラパラしました。

茶そばがたっぷりめなので喜んでいたら、塩抜きしていた塩蔵生わかめを忘れていました…あぁ残念。

この時期の貝柱は、一年で最も大きく、アミノ酸も豊富なため、うま味成分のコハク酸も多く含まれるため、疲労回復も大いに期待できます。

帆立貝が噴射口から海水をピューっとして2メートル近くジャンプ移動できるパワーは、この立派な貝柱によるものだそうです。さっすが~!

また、麺つゆには黒酢も入っていますので、疲れも吹っ飛びます。

旬の野菜を盛り込んだ茶そば。

こういうものは、季節を問わず食べたくなるなぁ~という思いに至りました(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。