無心

大切な人との会話の中で、「一途だからなぁ…」と言われました。

本当にそうだなと感じます。

一途に一心。

一つのことにひたすら向かい、内省しながら進み行く不器用なスタイルは、半世紀以上の人生修養を経ても、大きく変わる気配はありません。

自然界の法則に従いながら生きること。

すると、物事は成るように成る。

大切なことさえ忘れなければ、少々の失敗なんてへっちゃらです。

今週も、御縁ある方々と時間を共にし、とても幸せな一週間でした。

時間は足りない毎日だけど、善い時間を過ごせることに深く感謝です。

「草木は、よく思われようとも、美しく咲こうとも思っていない。」

「無心になっている姿は、美しい。」

…105歳の没年まで絵筆を執りつづけた女性日本画家 、小倉遊亀 の此の言葉を知った時、あらためて学びと励みを得ました。

「美その中にあって、四支にのび、事業に発す。美の至りなり。」

こちらは、座右の銘の一つ、易経で述べられている一節です。

無心に打ち込み、気がつけば光があふれ出すように表れるものをふと感じた時、これが、そういうことなのか…と感じるのです。

関わる方々の御心が清らかで、同じような価値観をおもちであることに感動を覚えます。

無心になれる空間…ただひたすら、ご自身に向き合える時間と場を提供してまいります。

写真は、鰹節削り器と本枯節のかつお節 ♪

有り難い流れで入手できたので、とても幸せ。私の宝物の一つです(*^^*)

無心になって削っていると、雑念の入り込む隙間もなく、ただひたすら鰹節とそのいただき方を考える。これだけ。

今朝も、家で採れた青じそと一緒に、ご飯にのっけて胡麻も少々。醤油だけたらしていただきました ♪

日本人に生まれて幸せ~ ♪ と感じる味わい深い一品です。

こちら、本枯れ節の鰹節は発酵食品ですが、市場に流通しているものの8割は、発酵食品の鰹節ではありません。

本枯れ節は、カビ付けをすることで微生物が完全に水分を吸い取るので、長期保存も可能です。

うま味が、たっぷり!

疲労回復効果も、しっかり!

心の均衡を図るにも、ぴったり!

自分の心と身体にやさしく、時に厳しく。

一途な自分を教育しながら、無心に努めます ♪

講座スケジュールはこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。