改善への道

今よりも、少しでも善くなるために…

自分も、家族のことも、周りの大切な方々に対しても、日頃からひたすら考えています。

もう、これでいいや ♪ と現状に甘んじていると、いつのまにか物事は望まぬ方向に流れ、幕は虚しく降りてしまいます。

何事も、これでオッケー!と確信がもてる答えがないのが人の道ですから、常に内省と改善を重ねて過ごしているところです。

漫然と過ごしていると、「今年も残り82日です。」と言われて慌てたり、びびるだけに終わりますし。笑

遠くを見据え、兆しを察しながらも現状をしっかりと受け入れて、潔く時を重ねていこうと思う今日この頃です(*^^*)

この雨で気温が下がるとのこと。

インフルエンザの話も、ちらほら聞こえてまいりました。

日々の体調管理がものを言う季節といっても過言ではありません。

お鍋の季節に入ったからといって、化学調味料を多く含むお手軽スープに頼っていては、せっかくの野菜類やきのこ類など様々な食物からの恩恵は期待薄です。

やはり、鰹節や昆布、きのこ類などのお出汁。

そして!ボーンブロスと呼ばれるスープ。

これらで作ったものの方が、様々な食材との相乗効果も生まれ、ダンゼン身体にやさしく吸収も善いのです。

こちらは、鶏の手羽でとった ボーンブロス根菜スープ。

若どりではなく、抗生剤も使っていない鹿児島の“赤鶏さつま”の手羽先と手羽元を使用。

ボーンブロスは、ダメージを受けた身体の修復にもなります。

鶏の手羽は、先ず熱湯にサッとくぐらせてから。

今回は、ねぎや生姜をふんだんに使い、舞茸と大根、れんこん、人参が入っています。(しっかりと噛むために、具材は大きくが重要^_^)

栄養面を考慮して、ブロッコリースーパースプラウトも少し。

圧力鍋ではなく、ル・クルーゼで長時間コトコトしました。

黒酢を少量加えることが重要ポイントです。(すっぱいスープにするためではありません^ ^)

細胞の修復、消化器の粘膜にもやさしく働き保護してくれることでしょう。

長い一日の終わり。

ストレッチクラスを受講してくれた娘と、帰宅後いっしょに味わいました。

遅い食事でも、負担のかからない一品です。

今日の身体を改善して、明日へとつなげてまいります♪

「元タカラジェンヌのビューティメソッドvol.3」の御案内はこちらから

https://www.kobe.hotelokura.co.jp/event/

講座スケジュールはこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。