喜びの一年

今年も残すところあと数時間となりました。

この一年、さまざまな出会いを通じて多くの学びを賜りました。

各講座をご受講くださった生徒の皆様、関わらせていただいたすべての皆様に、心より感謝申し上げます。

この2年間、世の変容を目の当たりにしつつも、善い時間が次々と訪れ、そして瞬く間に過ぎていきました。

なぜだろう…と、これまでの人生で腑に落ちずに点在していたものが、くっきりとした線で繋がったことは大きな収穫だと感じ入ります。

世の中がこれまでのように元通りに戻るであろうと考える人も多いようですが、これから先は心して己を保つよう努めなければ、心穏やかではいられません。

志を同じくする仲間と共にお互いを高め合いながら、魂のおもむくままに躍動していこうと感じているところです。

さて、今年の一番大きな出来事といえば、やはり娘の結婚でした。

温かく優しい想いが溢れるような、美しい瞬間を味わわせてもらい、なんとも幸せな気持ちです。

また、年初より寝たきりとなってしまった母が、奇跡の復活を遂げたことも大きな大きな喜びです。

念ずれば通ず…は、どのような想いで過ごしているか、お天道様はご覧になっていました。

可能なかぎり太陽の下でエネルギーをチャージしましょうと、お散歩を愉しむ毎日。

自然の移ろいが、こんなに優しく感じられた一年もなかったかもしれません。

舞い落ちてまもない椿の花びらが、母の手にのると「私たちのハートみたいやね♪」と笑い合ったり。

きっと、抱きしめたくなる思い出の一つとなるでしょう。

そして、この年末には息子も帰省♪

幼い頃からいつも的確な助言を与えてくれる存在です。

このたびも、多くの気づきをもたらしてくれています。

年末年始、ゆっくりと英気を養ってもらえると嬉しいです。

美味しい!という嬉しい言葉を連呼してくれるので、私はそこから英気を授かっているところです^ ^

こちらはチャイ。

チャイグラスではないけれど、お気に入りのトルコの茶器でホットな時間。

スパイスが効いた飲み物が、今日の寒さに染み入ります。

また、普段よりも食べ過ぎになりがちなハレの日を迎えるにあたり、養生三宝も積極的に摂り入れているところです。

白菜、大根、豆腐 は、「養生三宝」といわれます。

冬の脾胃を穏やかにするべく、こちらと共に生姜のすりおろしを混ぜた味噌をつけながら、春菊や香り高い柚子も加えました。

新鮮な春菊は生のままのせて、熱々の出汁を注げば芳しさも失せません。

忙しい時は、お大根を薄めに切っておけば早く味も染みます。

さて、そろそろ紅白も始まる頃でしょうか。

今年は藤井風さんご出場ですから、久しぶりにテレビを起動させます。

彼のマインドが、多くの魂に響きますように。

なんとも幸せな一年でありました。

来年、立春以降は新たなスタイルで発信してまいりますので、乞うご期待♪

どうぞお健やかに良いお年をお迎えくださいませ。

2021年!

誠に有り難う御座いました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。