2020年02月16日

胸躍る時

好きなことをして、心ときめかせながら成長できたら、こんなに幸せなことはないと思っています。
本日は、朝から幸せな二時間!
知ること、学べることは、こういう気持ちになるのだと実感!
自分が講義する側に立った時、このようなお気持ちになっていただけるように...という、思いの指標も築けました。
胸躍る学びには妨げがなく、スーッと自分の内側に沁み入ります。
調理も食事のとり方もこれまで以上に、ますます大切になってくると確信!
今後を健やかに生きるため、また、新型コロナウイルスの脅威に晒される今、何を備えておけば善いのかが明確になりました。
一貫されている「実践、臨床が全て」に共感!印象的だった「来るなら来てみろ!」の精神を培うためには、私なりに反芻しながら実践し、善いと思えることは習慣を定着化していこうと心も新たです。


先日、たいへん美味しいお店にお連れ頂きました。
大阪は北新地にある「Saute」さん。
美しい女性が柔軟に対応してくださる優しい味のお料理と、厨房の美しさ、鉄板と向き合われる美しい手捌きの融合は、まさに芸術の域。
以前お伺いしたことがあるお店、あの「野口太郎」さんの御姉様だと知り大いに納得いたしました。
胸躍るディナーに感謝です!

こちらでいただいた旬のほたるいかは、兵庫県産。(富山産の漁解禁は来月かな?私は地元の兵庫県産が好みです。)



レチノールを多く含むほたるいかは、今の私たちにとって救世主かもしれない...



たとえ赤身のヘレ肉、シャトーブリアンステーキであっても、ビタミンAの含有量はわずか。
ほたるいかは、牡蠣にはほど遠いけれど、亜鉛も入っているうえ大切なビタミンB群も各種ミネラルも含まれます。

私的には、粕汁をこしらえる時に使うのもおすすめです。



上の粕汁に入っているのは、かぶ、高野豆腐、わかめとネギ。
ほたるいかによって、奥深い味わいとなります。
日々しっかりと粘膜を養い、潤わせながら強化していきたいと考えます。


ツーショットこそアップしませんが、胸躍る瞬間をとらえた大切な写真は、すぐさま家族にシェアしました^ ^
普段は私淑するばかりで、実際にお目にかかることは叶わないと思っていても、胸躍らせながらビジョンに向かえば時機到来!
物事は成就するのですね。
吉富先生に心より感謝いたします!





講座スケジュールはこちらから






カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Facebook
Twitter
旧ブログはこちらから
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索