ねばねばキャベツ

生徒さんが、ご家族の体調不良の為にご欠席でした。

誰もが胃腸炎になりやすい時季なので、常日頃の予防対策も必要です。

キャベジンというと、胃腸薬を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、抗潰瘍性成分ビタミンUのことです。

生のキャベツには豊富に含まれます。

また、湿邪と熱邪が結びついた湿熱を清め、胃の働きを回復させるので、昨日今日のような天候にはピッタリです。

さらにパワーアップさせるためにも、長芋を擦って混ぜちゃいます。

長芋にも胃腸の機能を高める作用があり、体力もつけてくれますので食欲不振・むくみ・だるさ…にも効果的です。

image

アーリーレッドも一緒♪

そして、陰の立役者はこちら…

レモンです♪

image

 

見た目は美しいとは言えないレモンですが、瀬戸内の有機栽培、無農薬!
時季的には終わりなので、私にとっては貴重品。有効に使ってあげたい一心です。

皮は使えませんが、搾ったら醤油と合わせて(薄口がわりにキヌア醤油を使っています)

擦りおろした長芋と混ぜます。

酸味が胃酸の分泌を程好く促すので、これからいただきます♪のタイミングがベスト。

血糖値の上昇も緩やかになります。

パサパサしがちなキャベツも滑らかに口当たり良くいただけますよ(*^^*)

明日は、神戸での『心と身体を動かす 美的食ライフ』♪ 楽しみです!

 

by
関連記事

コメント2件

  • みほ より:

    友麻先生、こんばんは♪
    今日もお忙しい中、記事のUPをありがとうございます。

    ねばねばキャベツは パサパサして夏は食べ辛いキャベツも 摩り下ろした長芋と混ぜれば、口当たりも滑らかになり、沢山頂けますね( ^ω^ )

    以前、友麻先生にご紹介頂いた「とろろドレッシング」も 口当たりが良いので キャベツやレタス等の野菜サラダにかけて よく頂いてます(^o^)/
    この「ねばねばキャベツ」は とろろドレッシングの進化バージョンですねp(^_^)q(笑)

    それから 昨日は、ゴーヤの下準備のアドバイスをありがとうございました。
    一手間加えた事により、今日は 義父がゴーヤを残さずに完食してくれました(*^^*)
    気持ちを込めて調理すれば、想いは通じるのですね( ^ω^ )
    友麻先生の温かいアドバイスに心から感謝致します。

  • ゆうま より:

    こんばんは☆
    以前Twitterでお伝えしたものを実践してくださっていたのですね!とても嬉しいです(*^^*)!ありがとうございます!

    そして…!ゴーヤーの苦味がお好みでなかった御義父様が全て召し上がったのですか?素晴らしい!
    私も嬉しいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。