今できること

前回の投稿から、なんとなんと1ヶ月以上が経ちました。

2月、3月はなんて早いのでしょう!

今は、辛い痛みと向き合う大切な家族のアテンドしながら、色々なことを感じ、気付かせてもらっています。

幸せを抱きしめるような時間でもあり、一心に寄り添う祈りの日々。

今の自分に何ができるだろうか・・・そればかり考えて、持ちうる知識を駆使しながらタイトなスケジュールをこなしているところです。

ストレス溜めず、決してネガティブにならず、すべてを笑いと喜びに変換。

結果的に最善であった事しか起こらなかった過去の経験から、愛と感謝をもって向き合っていると、どんどん良い方に向かっているように感じています。

大変だと思えば大変に…

大したことないと思えば大したこともなく…

何事も、成るように成るだけです。

今できることに対して笑顔で一意専心つとめていれば、いつの間にか乗り越えているはず。

「貴女は相手を元気にする人ですよ。」と、今は亡き恩師からアドバイスされたこともある自分を信じ、清々しい未来を心に描いて、大切な人の人生の一部を少しお手伝いしているところです。

おかげさまで私は心身ともに充実して生きておりますので、どうぞご安心くださいね^ ^

できるだけ頻繁にアップするよう努めます♪

 

春分の日を過ぎて、陽気はますます高まっています。

朝晩の気温が下がることを考えると油断はできないけれど、日中の日差しがなんとも有り難いです。

今ならビタミンDを生成できる!本来自分に備わっている力が発揮できる!と、日差しを恐れすぎず、太陽の恵みを一身に浴びましょう。

食べ物は旬のものを摂り入れつつ、これから暫くの間は出合えなくなる食材もいただいています。

久しぶりのパンケーキ。

百合根のペーストは、酒とみりんと水で柔らかく煮てから甘酒を加え、本葛粉でとろみをつけて、柚子の皮も少し加えています。

砂糖を使用しない上品な甘さは、発酵あんこに匹敵するレベル。

このたびは、九州パンケーキにモリンガのパウダーも加えてみたりと、気持ちだけヘルシーにこしらえました♪

百合根は呼吸器の潤いにも善いので、花粉症で咳が出る場合おすすめです。

また、何かと忙しい春…イライラすると大切な肝の働きに悪影響を及ぼすため要注意。

精神を安定させたい時にも百合根は善いでしょう。

おがくずたっぷりと一緒に保存すれば、冷蔵庫の野菜室で長く保ちます。

他の料理に使うために、重なる鱗片をきれいに洗ってから天日干ししておくと、漢方薬の百合(びゃくごう)のように重宝します。

お粥や汁物、煮物などにも加えたり、大切に摂り入れるつもりです。

近ごろ、真空パックで販売されている百合根に出合って購入しましたが、強い生命力の塊である球根ゆえ苦しくないかしらと心配ですが、しばらく様子を見てみます^ ^

今できること…

今のうちに出来ることは、無理のない範囲で心を尽くしたいと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。