理由

先日の“ すっぽん鍋 ”の影響なのか…

大好きな人と会えたからなのか…

身に余るほどの楽しみなお話をいただいたからなのか…

この、何時ぶっ倒れてもおかしくないほどの状況でも、心身を保つことが出来ているのにはワケがあります。

クラスにお越しくださる方はご存知ですが、日々の過ごし方、とりわけ食生活は人間の形成に大きな影響を与えていると感じます。

旬の野菜も、ちょっとした工夫で調理するだけで大きな力に…

『春菊と落花生の胃健和え』

茹でると茹で汁に大切なものが流れ出てしまううえ、シュンっとなってしまう春菊は、脂溶性の栄養素を活かすために良質の油で素早く加熱。

オレイン酸やリノール酸を多く含む落花生をすり鉢で金胡麻とすりつぶし、醤油+煮切りみりん(出汁醤油でも ♪)を合わせておいて、春菊と和えるだけ。

血も心も清らかにしてくれる春菊と共に、落花生は肺を潤す効能あり。

また、胃腸にもやさしく、風邪の予防になります。

高価な食材でなくても、日々の暮らしに摂り入れる身近な食材を活かしていけば、心身ともに健やかでいられる。

…という、私が自身を保っている理由でした(*^^*)

節が変わり、暦どおりにいっそう寒くなりました。

物事が成り立つ筋道や、結果が生じたわけを考えると、最善の答えを導き出しやすいですね。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。