食物の恩恵

十年ほど前までは、この時期になると心配なことがありました。

暑くなると食欲もなくなり、痩せていく…体力が落ちる…という悪循環に陥っていました。

当時、家族には心配をかけました。

まるで、『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクター、『一反木綿』のように薄っぺらい身体でした^^;

昼食も夕食も、ツルツルッとしたもので良いわ…という具合。

そして、気温が安定する季節になると元気を取り戻していました。

今では考えられない事です。

そんな情けない体力の私が、いつの間にか強靭な心身を構築できているのは、平生の過ごし方、呼吸法、そして食べ物の力だと確信します。

新鮮な旬の食材は、旬ではない時に比べて栄養も豊富♪それらは、「今、いただくと身体に良いのですよ☆」という大自然からのメッセージなのだと捉えています。

食材の持ち味を台無しにしないように、「どうしたら一番この子(食材)が喜ぶかな…」と考えると、簡単な料理しか作れない私でも美味しくいただけて大満足!大感謝!
思わず自画自賛してしまうことも♬

食物には絶大なパワーが宿ると実感します。
良い気のみなぎった新鮮な食材に感謝し、心をこめて作ると、必ず素晴らしいパワーをいただけます。
そして、食べてもらう人にその心が必ず届きます。
機械に委ねられた大量生産のものや、買ってきたお惣菜には、その人を思い遣る心は入っていませんもの。
そう考えると、「買ってきた食材は無駄なく大切に使ってあげなくては!」「私の身体を作るものを丁寧に調理しよう♪」こんな気持ちになります。

健全な身体づくりの為には、欲にかまけず、様々な食物をバランス良く効率良くいただく事が肝要♪

拙い料理ではありますが、こちらで少しずつお伝え出来れば本望です^ ^

>>Twitterはこちら

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。