会話

宝塚歌劇団に在籍していた頃、ファンの方から可愛らしい贈り物を戴くことが多々ありました。

そんな時に先ず思った事は、「子どもが喜ぶかな…とっておいてあげようかな…」でした。

まだ結婚相手すら見つかっていない時に、私の心には既に子どもの存在がありました。

新人公演で何度も主役をいただいて新人賞をいただいたり、恵まれた経験を積ませていただきましたが、もしも、このまま階段を昇りつめるような素晴らしい経験ができたとしても、私は「羽根を背負うより、子供を背負いたい」…そんな想いが心の奥底にありました。

今日は、そんな熱い想いで出逢えた第一子、娘の誕生日です!

23年前、この世に生を享けたばかりの娘を抱きながら、育てることの責任を重く受け止めました。

それは、産むことよりも育てることのほうが難しいという、ごく当たり前のことをズッシリと感じた瞬間のことです。

早く会話できるようになりたくて、ディスカッションしたくて仕方がなかった私の心を天が察してくださったのでしょうか。きちんとした会話が成り立つ関係は、有り難いの一言に尽きます。

時には、ヒートアップして衝突しますが、根底にあるものが崩れない限り、そういう時間も大切だと思うのです。

お互いを思いやり、相手の心中を察しながら話に心と耳を傾け、自分の想いを伝え、言葉を交わしながら高め合う…という意義深い会話…

この厳しい厳しい母親についてきてくれている子ども達ですが、娘が今日の誕生日を機に、人生を省みながら新たな志を立て、大きく成長していくことを願ってやみません。

社会に出て初めての誕生日、何を感じるでしょうか。

…心身共に健康でいてね(*^^*)  …母の永遠の願いです。

私のもとに生まれてきてくれてありがとう !

この気持ち、いつか娘にもわかる日がくるでしょう✨

こんな言葉が頭をよぎります。

「親思ふ心にまさる親心今日の音づれ何と聞くらむ。」(吉田松陰 •永訣の歌)

by
関連記事

コメント4件

  • みほ より:

    連投失礼致します。

    お嬢様のお誕生日、おめでとうございます。

    第一子であるお嬢様は、正に友麻先生のもとに舞い降りた天使ですね*\(^o^)/*

    ご立派に成長されたお嬢様とこれからも共に高め合い、素晴らしい時をお過ごし下さいね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    友麻先生の心温まるお嬢様へのメッセージに感動☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    お嬢様のお健やかなご成長とご活躍をお祈り申し上げます。

  • ゆうま より:

    みほさん(^^)お優しいコメントをありがとうございますm(_ _)m

    私にとって、子どもは分身でも何でもなく、一人の人間を預かっているような気持ちです。きちんと育んできたつもりでも、自分の未熟さを再認識する日々です。
    いくつになっても子どもは子ども。子を想わない親はいませんよね(*^^*)

    親として、私はまだまだです。。。が、今日は嬉しい一日です。

  • Rumiko より:

    お嬢様のお誕生日おめでとうございます。親にとって、子どもの誕生日というのは、何歳になっても、本当に嬉しく大切な日ですよね。
    「羽根を背負うより、子どもを背負いたい」という名言を初めて伺った時、自分との共通項をまた自分勝手に見出して、嬉しくなってしまいました。私も、何度か私ごときには過分な出世のお話を上司からいただき、自分自身の魂に問いかけ、その結果、「学校の長として『記録』に残るより、生徒の『記憶』に残る先生でいたい。」と思い、お断りし続けております。お断りし続ける理由の一つには、自分の仕事のためにこれ以上家族に不自由をかけたくない、もっともっと家族にいろいろなことをしてあげたいという思いもあります。今は、自分の出した答えに、決して自分が後悔しないだけの人生を生きねば・・・と思うのみです。
    お嬢様が、この先、ずっとお仕事を続けられるにしても専業主婦になられるにしても、その人生は、私たち先輩女性の人生の上に積み上げられるものです。若い女性の方々に、よい人生を積み上げていただくためにも、私たちの世代がしっかり生きて、よい土台を築きあげたいと思っております。お嬢様の今後の人生に幸多かれと心よりお祈り申し上げます。

  • ゆうま より:

    Rumikoさん、ありがとうございますm(_ _)m!
    私ごときの退団理由とは事の重さが違いますのに、そのように仰っていただき恐縮です。
    人を教導されるお立場で、全てにお手本となられるような方の御言葉は、たいへん奥が深く感銘を受けます。

    子どもがいくつになっても、親としてきちんとした背中を見せたいと思います。生き方に揺るぎない芯をもって…(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。