ドライアイ

朝早くから夜遅くまでコンタクトレンズを装着するのは、目のためにも出来るだけ避けようと思っています。

仕事から帰宅すると、手を洗ってうがいをしたら即刻メガネ。

宝塚に在団していた頃、細かい傷が付いて装着不可となり、片目だけコンタクトレンズの状態で舞台に出ていたことがありました。

開演前に順天堂大学病院で診察を受ける日々。。。

バランスも崩れますし、気分が悪いだけでなく舞台セットと激突しそうになったり、盆周りに乗り損ねそうになったり(笑)

それ以来、特に目を気遣うようになりました。

コンタクトレンズ購入の度に、3ヶ月に一度は眼科で検診を受けますが、角膜内皮細胞の数も教えて頂くようにしています。

二度と再生してくれない細胞ですから、長年コンタクトレンズを使用している者としては、用心の上にも用心です。

毎朝、鏡の前に立って「今日もよろしくお願いします♡」

自分の身体の一部となるレンズに敬意を表するように挨拶です。

ちょっとヒヤヒヤした経験もあります。

コンタクトレンズを使用する方なら一度ぐらい経験されているかもしれません。

バレエの発表会終演後、楽屋でお化粧を落としていると片側のコンタクトレンズがティッシュと紛れてしまったのか見つからない…という事態に陥り、使用済みのティッシュをつぶさに調べました。

当時は、1dayのコンタクトレンズはもちろん2weekもありませんでしたし、お高いものでしたから必死です。

翌日、中学校の朝礼で校長先生のお話を聞いていると、なんだか目がゴロゴロと痛くなりましたので まばたき を繰り返したところ、何と目頭からクッシャクシャのコンタクトレンズが出てくるではありませんか。。。!l

そうです。

ひと晩、クッシャクシャの状態で「私はここよ〜」と出口を失っていたのです。

それが教訓となり、コンタクトレンズは目が乾燥すると良くないんだ! という概念がインプットされました。

4年ほど前に、ドライアイになりそうと言われて驚きました。

以来こちらの目薬を処方していただいて助かっています。



ジクアス です。

症状はないけれど、日中やコンタクトレンズを外す時も必ず点眼します。

一生の間に作り出すことのできる体内酵素の量は決まっていて、年齢と共に減少。

それと同様に、角膜内皮細胞にも限りがあります。

大切に使わなければ…。

吉田松陰の言葉にある

『人の精神は目にあり。故に人を観るは目に於いてす。』

目を見ていて人物が分かるほどですから、ドライアイでしょぼしょぼになってなんかいられませんね(*^^*)

by
関連記事

コメント2件

  • みほ より:

    友麻先生、こんばんは☆
    今日も一日お疲れ様でした(*^^*)

    友麻先生ご自身の体験から コンタクトレンズを装着する際の注意点をご伝授頂き、ありがとうございます。

    私もフラダンスを始めてから コンタクトを装着するようになりまして 眼科検診では異常はないものの 眼の渇きを感じる事がよくあります(^◇^;)

    限りある角膜内細胞をしっかりケアする事が大切ですね(^o^)/

  • ゆうま より:

    みほさん(*^^*)
    コンタクトレンズを御使用になっているのですね。私はソフトです。ハードの方が目には良いと勧められましたが合いません(-。-;
    ですから、用心して使用しています。休日は一日メガネにすることもありますが、目を酷使しちゃっていけないと知りながらも装着しています。
    大切にいたしましょうね。(^-^)/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。