夏バテ対策に

それにしても、よく降りました ☔️

気になっていた家庭菜園の畑は、予想通り悲惨な状態に!

虫除けに、身体にティートゥリーオイルを馴染ませ、朝食も摂らずに完全防備で駆けつけましたが時すでに遅し…💦

たくましい母が、修復した後でした(^◇^;)

大きくなりすぎた胡瓜や、パンパンに弾けたトマト。

他にも、野菜たちがヘルプ!と叫んでいたので大急ぎで収穫し、洗ってからそれぞれの道へ…

冷蔵庫に収まる子。

ぬか床に納まる子。

ご近所に嫁ぐ子。

ジュースに変身する子。

はたまた…直ぐに私の口に入る子。笑

自然の猛威に耐えた野菜たちが、ホッとしているようにも見えます(*^^*)

そんな感じだったので、今朝はブランチと相成りました ♪

時間が経つにしたがって、湿気を含んだ暑さが増してきます。

連日のスケジュールと天候に影響されて疲れないように、元気をつけるなら今はコレ!っと判断。

滋養強壮作用があり、消化にも良い 長芋 (ねばりの強い北海道の根張星☆ネバリスターという品種) で『麦とろ』です。

胃腸に優しいというのはよく知られていますが、サポニンを含んでいるので利尿作用もあり、むくみにも効果的です。

少しオクラをのせましたが、この時期のネバネバは大切 ♪

ふつうなら麦とろだけのところ、たんぱく質も補う必要があると思ったので、ここには栄養価がとても高い鰹節をハラハラと。(上からお醤油)

それも、さらに鰹節のグレードを上げるカビ付けしている「枯れ節」!

ホワホワした鰹節ですが、疲労回復に…美肌効果…骨粗鬆症予防…貧血の改善…血圧の安定…お腹の環境作り…等々が期待できます(*^^*)

でもポイントは他にあります。

ごはん。

いつもの胚芽米に、「そば米」「はだか麦」を混ぜて炊いたものです。

蕎麦(そば)は、身体にこもった余分な熱をとり、胃腸の働きを助けます。

麦ご飯は、「押し麦」を使うことが多いようですが、私は 大麦をプレスしていない「はだか麦」そのものを使います。

その方が恩恵をいただきやすいからなのですが、大麦は麦茶からも分かるように、身体の余分な熱をとり利尿作用もあります。

また、胃腸の働きを助けるので、内臓に負担が少ないことから疲労回復ものぞめます(*^^*)

クセもなく、いただきやすいですよ〜。

明日から天気予報を見て、暑くなるぞー!と覚悟をお決めになったら、夏バテ対策に取りかかってみてくださいませ。

今ならまだ間に合います🌻

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。