精神安定 ♪

四六時中、仕事のことを考えています。

どうしたら自分の利益を生み出せるかでなく、どうすれば生徒さんのためになるか…質を上げるか…
(きれいごと言うとるなー。と思う方は、どこかへジャンプしてくださいな。ハイ。)

以前 読んだ何かをメモっていましたが、

…あえて先を見ようと思わなくても、今この瞬間に全力を注いで生きていれば、その時は見えない未来の姿も自然に見えるようになる…

こちらを心に留めていれば、有り難いことに利益は後から付いていきます。

昔から取り越し苦労するタイプでしたが、「真心を注いだものは、成るように成る」と学習しながら歳を重ねています。

私の指導を受けてくださる皆様には、感謝の気持ちを講座のクオリティー向上に変えてお届けしたく、自身の人格も様々な方向から磨いていこうという修練の日々。

こちらのブログも、生徒の皆様に具体的な食事内容等をご参考にしていただきたかったのが発端ですが、気がつけば自らの心身の安定をはかることもできています。

感謝!

この世の中、見て呉れは立派でも私欲にまみれた邪な考え方の人物は多いものですが、大変有り難いことに、講座で関わる方々は物事を素直に受け容れてくださいます。

とても恵まれていると感じます。

というわけで、講座でお話した続きを少し (*^^*)

例のスープですが、先日のものに続いて更にバージョンアップさせました。

「牡蠣入り白の養生スープ」です!

何でも入れりゃー良い!というふうにも見えますが、精神の安定はかるためにも優れた食材を加えています。

玉ねぎ・百合根(溶けて姿が見えない)は、先日お伝えしたとおりイライラさんも良いのですが、本日加えた蕪(小かぶ)には上がった気を下ろす効能もあるので心穏やかになります。

豆腐だって、身体の余分な熱を冷ましてくれます。

前回も入れた えのき茸は、免疫力を高めながら旨味もたっぷり。

そして、牡蠣!

こちらは血を養うので、精神を安定させます。

健やかな身体の土台となるすべての力に影響する亜鉛をはじめとする栄養価の高い牡蠣ですが、こちらのペプチド化された出汁に牡蠣のエキスもたっぷりと加わりました。

蕪の葉は、栄養吸収を高めるために胚芽米油でソテーし、薄口醤油で味をつけたら白胡麻を沢山すり入れています。

クオリティーを上げようと思えば、たとえスープの一品だってグングン変化していくのです。

今日は、こちらをフウフウと。

一緒に食べた人の優しさも心に沁みて、とても心が安定する一日でした (*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。