力をもらいます

その存在がもつイメージ…というものがあります。

昨日収穫したスナップえんどう…

懐かしい記憶が鮮明に蘇ります。

芸術家肌の父が収穫すると、ひとつひとつを拭きながら(虫がくっ付いていないか確認してくれていました)際立つよう整然と並べていましたっけ。

はさみを使って一つずつ収穫したとは思えないほどの量を「美味しいうちに…」と車を走らせて、毎年届けてくれました。

ですから、私にとって「スナップえんどう」=「父との温かい時間」のイメージなのです。

父が旅立ってからは、母にバトンタッチ。

近くに私が住むようになってからは、私も「食べるだけの人」から「育てる人」として参入(*^^*)

今年は特に、甘くておいしい出来栄えです ♪

今朝…

「この一日どうなるのだろう。」…という朝を迎えたわけですが、考えても仕方がないので、そんな「氣」が滞らないよう「氣」を巡らせ、遣いすぎてすり減る「氣」を補うため、スナップえんどうから力をもらうことにしました。

富山産のほたるいか(この時季は積極的に摂る食材)・霜降りひらたけ(シュッと手でさいて程よい大きさに)・アスパラガス・赤パプリカ・スナップえんどう。

脂溶性ビタミンのことも考えてオイルを使い、加熱し過ぎないようサッと短時間で炒めます。

こちらはいつものように、薬効あらたかな氣を巡らす働きのあるカレー粉を使用。

あじじゃこ・昆布 まで入っているウスターソースを数滴加えてから、バルサミコ酢少々を加えています。

バルサミコ酢は、ポリフェノールも豊か。

また、アミノ酸のうま味成分がコクを導き、グレードアップしたカレー風味の炒め物になります。

カレー粉とバルサミコ酢が、主張し過ぎずに スナップえんどうの甘味を際立たせます。

疲れた時…気持ちが晴れない時…むくみがある時…血行改善にも ♪

力をもらって、今日も無事です(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。