夜バナナ

昨日、大切な人に汁物の差し入れをしようと思い、先日お伝えしたような手羽先のスープをこしらえたのですが、行ったその場で私も一緒に食べることになりました。

その後、早めの夕食を外で簡単に済ませて、夜は ダンスクラスも有り。

朝から動きっぱなしの喋りっぱなし…とくれば、必然的にエネルギー消費は増えていきます。

少し遅めの帰宅となりましたが、そこで視界に飛び込んできたのが、こちら ♪

食べごろの時機をうかがっていたところ、ちょうど良い斑点が出てきたばかりバナナ達です。

夜の果物は、そのまま中性脂肪の道をまっしぐら!

けれど…
こちら、バナナに含まれる“アルギニン”の恩恵に身を委ねることに。

成長ホルモンの分泌を促進させたり、免疫力向上も大いに見込めます。

また、疲労物質の除去や性機能改善にも効果的、というアミノ酸です。

バナナは、すぐにエネルギー源となるので、私の疲労物質ともおさらばです。
さらにパワーアップさせるため、クエン酸回路をスムーズに営ませて、エネルギー代謝の触媒として働いてくれる、こちらを…

かけました(*^^*)

福山黒酢 桷志田 の5年熟成『シェフの黒酢』。

トントンと出るタイプなので、とても使いやすいです。(私は、すいかに黒酢。りんごや梨にも黒酢。このようにバナナにまでかける時があります。)

するとどうでしょう! 甘さが強くなったバナナを補助するかのように、黒酢の豊富なアミノ酸によって 、イイ感じの味覚を引きだたせてくれるうえ、心身ともに軽やかになります。

バナナと黒酢が合わさった恩恵は、見た目から考えられないものです。

脳内物質セロトニンの合成材料(トリプトファン・炭水化物・ビタミンB6)も揃うバナナ。その他ミネラル分を体内に取り込みやすします。

一部は、豆乳に羅漢果の甘味料「糖質革命」を混ぜて、蕎麦茶の出涸らしとバナナにかけました。

おかげさまでよく眠れて、お腹もスッキリです(≧∇≦)

私が尊敬する、まるでお手本のような食生活を送られる方は、ところてんの中に夜バナナを入れることを薦めてくださいます。

皆様も、まずは腸内環境を調えてみてください。

きっと、心と身体が元気になります。

是非どうぞ(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。