言葉にする

連休明けから、次々と各講座が再開。

久しぶりにお目にかかる方々に、「お元気にお過ごしでいらっしゃいましたか?」とお訊きしたり、入室される際のご様子から、体調に問題なくお過ごしかどうかをチラリと窺います。

ひときわ優美に感じた方がいらっしゃいました。

「あら ♪ 素敵!!」
お世辞でもなんでもなく、思わず言葉になりました。

いつもご謙遜なさるマダムですが、今日も控えめなリアクションです。

そして、「こちらに来ること、先生にお目にかかることが、私の気付け薬みたいなものなのですよ。」との御言葉。

とても有り難く、大きな幸せを感じました。

私は、嬉しいことにすぐさま反応し、幸せを感じると全身に表れます。

嘘がつけないうえに、感じたことを言葉にしてしまう質。

あまり賢くなさそうですね。笑

ただ、マイナスのことを感じると、言葉は何も出ませんので、悪しからず…(*^^*)

近ごろ、嬉しい思いが高じて、言葉が止まらなくなりそうな時がありました。

いただいた言葉に励まされ、元気をつけてもらったこともありました。

逆に、近しい人から期待した言葉をもらえず、ガッカリしたこともあります。

伝えられる時には、悔いが残らないよう言葉にしたいと想うこの頃です。

「以前、いただいてとても美味しかったので…♪」

気温が上がると、口当たりの良い調味料を使いたくなり、久しぶりにお取り寄せしました。

鹿児島県にある水産会社にお電話して、そのように思いをお伝えすると、大変喜んでくださいました。

かつ市の【だし黒酢ジュレ】です。

鰹節を使う時は、普段から「本枯れ節」を摂り入れるようにしています。一般的な荒節の鰹節よりも、魚臭さもなく うま味が凝縮されているので、独特の芳香。

上品な味わいだけでなく、カビ付けの工程を数回繰り返している身体に良い熟成鰹節。

その本枯れ節と、鹿児島県産の黒酢や昆布、寒天…など原材料もシンプルです。

『とろろとなめこのネバネバサラダ』です。

春キャベツの中の方が残っていたので、新玉ねぎ(切ったら、黒酢をかけて20分ほど放置)などとサラダをこしらえ、さっそくジュレも使いました。

この他には、きゅうり・みょうが・赤ピーマン・トマト・家で採れたパセリを混ぜ合わせます。(海藻類を入れると、さらにうま味がアップ)

本枯れ節をトッピングしたら、上からネバネバをトロンと。

(なめこは、必ず加熱します。ただし、糖たんぱくのムチンの効力がなくならないよう サッと茹でてから冷まして醤油を少々。長芋とろろには黒酢を ♪)

で、ここに【だし黒酢ジュレ】をかけて、いただく時には混ぜ混ぜします ♪

本枯れ節のうま味と、野菜のうま味の相乗効果バツグン。

そこいらの、余分なものが色々入っている脂まみれドレッシングとは違います。

疲労回復、胃腸にやさしく、血液の滞りを改善、日焼けやアレルギーによる皮膚や粘膜の改善…

黒酢を使っているので、カルシウムの吸収も高まります。

「美味しいね~。」

そう言葉にしてくれる人と一緒にいただくと、より美味しいと思います(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。