行い

身体を元気に! 心を穏やかに!

健やかな身体づくりと、温厚で寛容な精神を養うには…

そんなことを考えてこしらえた一品。

『ゆり根入りぜんざい』

薬効あらたかな棗(なつめ)に切り込みを入れて小豆を煮ました ♪

ゆり根のほんのりした甘さと、砂糖なんかではなく“古代米の甘酒”を加えたおぜんざいです(*^^*)

甘味の不足分は、羅漢果から抽出された“糖質革命”を使用。

上品な甘味に仕上がりました。

ストレスをとっぱらって、動悸をおさえ、心を安定させる百合根は、これからの季節も咳止めとしても重宝します。

なんてったって小豆ですから、解毒効果や邪気除けにも ♪!!

先日の“吉野本葛粉”でとろみをつけると、さらに滋養効果は高まり、そのうえ温まります。

これらの材料一つ一つ、枚挙にいとまが無いほどの効能があります。

内側では、有り難いプロセスを経た同化が大いに期待できますので、御自身や大切な人を護るお気持ちのある方には、心からおすすめいたします。

自分の行いを俯瞰できる人は、はたしてどれほどいるでしょうか。

私は、自分の行いを常に反省しながら、次に繋げていこうと日々努めています。

そして、これは善いことだと閃いたなら、必ず実践して身をもって経験するようにしています。

料理も然り。

こうすると効果的で、必ず善い方に向かう!と感じたことは、先ず実践を続けます。

まだまだ道半ばの未熟者が、人前で講義するわけですもの。謙虚な姿勢で生きていないと、ただの下手くそな知識漫談になりかねません。笑

今後も、御縁ある大切な皆様に善い道が拓かれますようにと願いながら、自分の行いを省みて命をそそいでまいります。

最近、身近な人とある食べ物の話題になった時、「あぁ、健やかに生きたいと願うわりには実践していないの…か…」と残念な気持ちになりました。

人間は、自分のために善いことと分かっていながら日々に忙殺されるのか、情報だけで達成感 ♪というような錯覚もあるようです。

大切なことを右から左に流して、行いに表すこともなく、浅い反省をちょいとする…

それでいて後から困って助けを求めるかのように、コンビニ感覚で答えを知りたがる…

自分の頭で考えず、実践もできていないことは、決して身につくはずもありません。

差し迫った状態になってからの行いなんて、御天道様も手は差し伸べてはくださいませんよね。笑

「天知る、地知る、子知る、我知る」…

この言葉を当てるのは大袈裟だと言われればそれまでですが、たとえ隠し事ではなくても、日々の行いは必ず天が裁断を下してくださいます。

身体を作る食生活から改めていく「行い」。

薬に頼るようになる以前に、これが一番大切です。

さてと…

いよいよ親愛なる人が、私のもとに…

行いを見れば、今日までどの様に しっかりと生きてきたかが分かります。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。