疲れをとる手段

「疲れない」が 一生続く!…という雑誌のキャッチコピーが目に飛び込んできました。

理想はそうですけど、一生続く!って断言しているのがすごい。笑

この私も、かつては弱った時期もありましたが(体力が低下していたと思われる30代半ばは情けないほどでした。)、今なら食べ物で心身をコントロールする手立てを講ずることもできますので、本当に有り難いかぎりです。

人は、気を補ったり身体を温めたり、胃腸のはたらきを高めていかないと、意と反してみるみるうちに弱ってしまいます。

食べられないと力も湧きませんから、栄養素や食材の色からもパワーをもらい、良い影響も受けたいですね。

そんなわけで、簡単でバランスの良い一品のご紹介です(*^^*)

こちら、「かぼちゃと菜の花の白和え」 ♪

加熱して水切りした木綿豆腐に、だし醤油や薄口醤油を少々、すり胡麻、それから こちらを加えました。

有機かぼちゃの種ペースト。

加熱料理には使えませんが、必須脂肪酸のオメガ-6とオメガ-3のバランスも良く、弱った身体の栄養補給にも適しています。

ホクホクでコロコロのかぼちゃ、10秒ほど茹でた菜の花も入っています。

かぼちゃの鮮やかな黄色は、胃腸の蠕動を促すことが分かっています。

抗酸化力の高いβ-カロテンの色 ♪

善い色の波動と栄養を一身に受けられます。

胃腸を温め、気を補う…

炎症を抑えて、痛みを止める…

コバルトを含むので、膵臓からのインシュリンの分泌を高める…

かぼちゃは偉いですね ♪

また、菜の花の蕾には大いなるパワーがあります!

かぼちゃと同様に、β-カロテンも豊か!

各種ミネラルやビタミンを含みますから、弱って免疫力が下がらないように、しっかり摂りましょう。

春に影響が出る肝機能のためにも、この邪魔にならないほろ苦さを利用しない手はありません。

その時々の体調に応じた食べ方は、心身を上向きにしてくれますよ(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。