気が張る時

先ずは、このたびの大阪北部地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

阪神淡路大震災を彷彿とさせる突然の揺れに、私も狼狽えてしまいましたが、物が割れたぐらいで怪我もなく、近隣に住む母の無事を直ちに確認し、通勤途中の家族も徒歩で帰宅できたことに安堵した次第です。

まだまだ余震に警戒が必要な時。

揺れが起こるたびに、人間の無力感を痛感するあの独特の緊張感が走ります。

こういう時の気の張り具合は、相当なストレスなのだろうなぁと、妙に客観的になったりもします。

ストレスに押しつぶされないよう、心の均衡を図るには、心がときめくことを行うように努め、話していて心穏やかになる人の声を聴いたり、食べ物から力を戴いている…というところです。

一日経った今朝は、先日から気になっていた初物の長なすとピーマンも収穫せねばと裏庭に出ました。

(姿の良いものは、母家と娘宅に渡したので、こちら曲がったものをアップ)

今年は、竹パウダーを撒いて善玉微生物が多くなったからなのか、他の作物を見ていても勢いがあるように思います ♪

身体の余分な熱を冷まして、思いわずらう心にも善い作用をもたらす野菜たちに感謝です。

なすは、おかか和えや浅漬けに。

ピーマンは生でパリパリすれば、香り成分によって鬱々とした心も晴れます。

旬の野菜には、よけいな手を加えないのがイチバン。

手を加えても、この程度がギリギリ。

なすのチーズ焼き。

アボカドオイルでソテーして軽く天然塩を振って、セルロース不使用のとろけるチーズ。

アスパラガスのちびっ子をトッピングしています。

今日も時間を有効に使いたかったので、ダッシュで帰宅したものの、大きくペースを崩されて終始ばたばたでした。

心穏やかでいるのは難しいほど。

こういう時は、今朝いっしょに摘んできたミントをお茶に加えます。

まるでむしり取るようにw、温かい野生ルイボスティーに加えていただきました。

さてと。

備蓄用のお水や、日常的に摂り入れているお水の他に、空いているペットボトルに水道水を充填!(時々入れ替えます)

気を張り過ぎず、適度な張りを持続させ、皆が穏やかに暮らせることを心から願っています。

by
関連記事

コメント6件

  • shima より:

    地震 本当に恐ろしいですよね。

    ご家族の皆様もご無事でいらした事 本当に良かったです。

    余震も 続いている様子 どうぞ お気を付け下さい。

    私はと言いますと……昨年の雨不足に備えお風呂の残り湯に洗浄方剤を入れ それをペットボトルに入れ 万が一のトイレ流し用に置いてたのですが……捨てなきゃ(笑) 友麻さんのブログで思い出しましたアハハ。

  • Atsumi より:

    友麻先生 こんにちは。

    月曜日の朝はビックリしましたね。

    驚きの余り 只々呆然とするしかありませんでした~。 本当に 怖かったです~(≧∀≦)

    心臓がバクバクしてしまい あの淡路阪神大震災の事が蘇って来ました。

    その時 気にしていた事がいっぺんに吹き飛んでしまいました~。

    悩めるのも当たり前の日常生活があって幸せだからこそなんだなぁ~って痛感しました笑

    初めて激しい揺れを体験した娘は余震に恐れながらも

    『お母さん 当たり前の生活が有難いね^ ^』と言った言葉が忘れられません。

    色々なことを感じた今回の地震ですが

    大難を小難にして頂いた感謝の気持ちと 又改めて自分軸をしっかり持って過ごしたいと思っています。

  • ゆうま より:

    shimaさん、ありがとうございます!

    どこに居ても起こりうる地震は、何度体感しても慣れるものではありませんよね。

    その時々で居場所も違いますし…

    様々なことを想定して心積もりしていても、どうしようもできないことが多すぎます。

    平生から準備できることを意識して、用心を重ねるしかないですよね。

    あ、ペットボトルのお水…澱んだものを置いておくと、お家の氣に障るので、飲めるレベルのものを備えておかれると善いかもしれません(^^)/

  • ゆうま より:

    Atsumi さん、メッセージありがとうございます。

    地震は本当に恐ろしいですね!

    ご無事で何よりです!

    なるべく経験したくないことですが、当たり前のようになっている日常は、本当は当たり前ではないことを気付かせてくれる機会でもありますね。

    皆が忘れかけた頃に、地に足を着けよというメッセージで起こるのでしょうか、、、

    お互いに、日々感謝の心で過ごしてまいりましょう。

    引き続き、どうぞくれぐれも御安全にお過ごしください。

  • より:

    地震ひどかったのですね。

    月曜は一日中ニュースで流れていました。

    友麻さんも、ご家族の皆様もご無事で何よりです。

    まだまだ余震に気の休まらないことでしょうが、どうぞご自愛ください。

  • ゆうま より:

    杏さん、ありがとうございます。

    おかげさまで、23年前に被災した時のような悲壮感もなく、こうして日常生活を送れていることに感謝です。

    未だガス供給が復旧されていない方々のことを想うと、私どもの被害は取るに足りないものです。

    どこに居ても起こりうる恐ろしい地震。 これからも様々なかたちで備えておきましょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。