励みになるもの

立春。

節が変わり、いよいよ新しい年を迎えました。

世間を騒がすウイルスはもとより、このところ様々な変化を感じる毎日。

身体の芯からシャキッとなります。

日本人として生まれ、気力と体力を奮い立たせ、精を出して暮らせることは、たいへん幸せなことだと感謝しています。

マスクや消毒薬だけでは、身体は元気になりませんので、こういう時は「慌てず騒がず狼狽えず」、先ずは何をするのが最善なのか冷静に判断したいところです。

国としても人としても、対応の仕方で真価が問われる時かもしれません。

私は、普段通りです。

たとえば、こういう角度から…

身体が喜ぶおみかんは、農薬・肥料・除草剤も一切不使用。

自然栽培の温州みかんです♪

ビタミンC補給は必須!

こんな時に暴飲暴食していると、免疫力はガタ落ちになるのでしょうね。

皮ごと!というのが一番有り難いので、しっかりいただいているところです。

おみかんが身体と心の励みになると言うと、何を大袈裟なと笑う方もいるでしょうけれど、こんな些細な食生活が身を守る術となるのですよ^ ^

ビタミンCの働きを安定させたり、毛細血管を強くするビタミンPであるヘスペリジンを多く含む皮の部分も美味しく取り入れています。

ビタミンC豊富な旬の芽キャベツ、胃腸にやさしい白菜、人参。

白菜と共に美味しい出汁も出る平茸。

健全なる細胞のためにも、亜鉛が豊富な牡蠣。

(ビタミンCと一緒にとることもたいへん善いことです。)

そのたんぱく質の代謝に必要なビタミンB群豊かな酒粕をお味噌と一緒に使っています。

人参のオレンジ色の他に、みかんの皮も刻んで入れます。

粕汁に柚子…をイメージするとわかりやすいですが、はっきり申し上げて美味しいです♪

(普段から化学調味料をバンバンとり入れている方には、味覚が感知しにくくなっておられるので、美味しいと思えないかもしれませんが。)

私にとっては、こういったパワー溢れる食材を美味しく調理していただくこと自体が、明日からの励みになるのです。

ビタミンCは、ありとあらゆるところで使われます。

身体のことは人ごとではありませんので、常に真剣に考えて楽しく美味しく感謝していただく…これは、自分の励みとなる重要ポイントです。

近ごろ、お手紙をいただきました。

素敵なマダムから達筆なお手紙。

そして、こちらは小学校4年生の可愛いKちゃんから^ ^

先日ゲスト出演したディナーショーでご一緒したお嬢さんからのお手紙です^ ^

現役を退いて30年以上。

嬉しい御言葉をくださることに感謝感激。

私には、明日への活力となるものが豊かに存在しています。

講座スケジュールはこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。