身体の防衛隊作り

年末の慌ただしさとは裏腹に、私の中の私が「ゆっくりしなさい」と言います。

私がいくら拒んでも、「ゆっくりしてイイのよ〜」と。

あーイカンイカン。

あと二日で新しい年だというのに余裕がないですね〜。

寝不足気味で抵抗力が落ちると、インフルエンザや感染性胃腸炎をもらいかねないので、用心の上にも用心。

今朝は、ちょっとした防衛力アップに…と、鶏のささみを使ってみました(^ ^)



カラーピーマンとほうれん草とマッシュルームで、粘膜を丈夫にして免疫力を高めます。

その ほうれん草…うちで採れるので、このところよくいただくのですが、茹でてから少しお水にさらします。

最近のほうれん草は昔と違うからね…と、その段階を省く方もいらっしゃるそうですが、ほうれん草に含まれるシュウ酸はカルシウムと結合しやすく、カルシウムの吸収を妨げたり体内結石を生みやすいので私は必ずさらしています。

骨粗鬆症気味の方もご注意くださいね(^ ^)

また鶏のささみ肉は、細胞の代謝や リンパ球やNK細胞の基として必要なレシチンも含みますので積極的に摂るようにしています。

今朝は、塩麹とお酒で下味を付けた鶏ささみ肉を野菜とソテーしましたが、最後にサッとレモンを絞り入れて、尚且ついただく時にも絞るようにしました。

こうすることで、摂り入れた栄養がエネルギーを生み出す回路を正常に円滑に働かせてくれます。

クエン酸回路…といいます。

エネルギーを産み出すのが円滑だと、太りにくくもなります。

慌ただしい時期だからこそ、何がしかの工夫で身体の防衛隊を強化しなくっちゃ〜 ですね。

さぁ。

遅くなっている年賀状、急がなくては〜   (⌒-⌒; )
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。