愛してる

心が惹きつけられて慕う想いも

慈しみ、可愛がる気持ちも

全身全霊で好き好むことも

「愛してる」

…この一言に凝縮されます。

亡くなった父は、病床で最期まで母や私に「愛してる」と言いました。

このセリフを日常でスマートに言える素敵な男性でした。

そして、お別れの時が近づくにつれ、私も何度も「愛してる」と必死で伝えました。

大切な言葉を安売りしたくないけれど、この言葉には魔法のような響きがあります。

使う人によって、響きも違います。

父のようにスマートにナチュラルに使えるようになるのはいつでしょう。

仕事から帰宅して、父に最愛チョコを御供え♡

父も愛したガトードボワのショコラです(*^^*)



きっと、今日は天国で多勢の女性からプレゼントされたかな…

それとも、ヨーロッパ的に父からバラの花でも贈っているかしら…



想いを馳せながら、今年のバレンタインDayが暮れます。

「愛してる」 って言葉は大切です。

by
関連記事

コメント4件

  • ATsumi より:

    おはようございます*\(^o^)/*

    『愛してる』。。。
    素敵な言葉ですね。

    《愛》によって生かされている私たち。。。私たちの本質は《愛》ですね^_^
    それを思い出させて頂きました。。。

    お父さまは いつも その事を感じておられたんですね。

    絵画を拝見していると何とも言えないジーンとしたものを感じます。
    心がスーと落ち付いてきます。
    きっと本来の自分(愛)を思い出させて頂けるからだと思います。

    お父さまに感謝です。
    有難うございます。

  • ゆうま より:

    ATsumiさん、おはようございます(^o^)

    いつも父の作品にメッセージをいただき心より感謝申し上げます。
    女性を賛美する父の心がお届けできれば本望です。

    愛してる…本当は、愛している…でしょうけれど、日常的に口に出していた父の口調です(*^^*)
    このセリフが気障にならない中身の伴った人間になれたらと思います。

  • Rumiko より:

    いつものことながら、何という素敵な絵画、そして、何という素敵な文章でしょうか・・・。ご紹介いただくお父様の絵画はどれも、繊細かつ力強く、女性への賛美と愛に溢れて・・・。
    「愛してる」・・・本当に深い、大切な、魂を揺さぶることばですね。私は、ある時期から、「迷ったら魂の喜ぶ方の道を選び、魂の喜ぶ生き方をする。」とシンプルに決め、それ以来人生がずいぶん楽(悩みが完全にゼロになったわけではありませんが・・・)になりましたが、「愛してる」ということばは、まさに「魂の喜ぶことば」ですね。できるだけ体と魂が喜ぶものを取り入れ、わるいものはできるだけ速やかに排除するようにしたいと思います。友麻先生のレッスンを受けさせていただいた後は、いつも体と魂が喜んでいます。なかなかご指導いただいたとおりにはできていないのですが・・・。いつも、ありがとうございます。

  • ゆうま より:

    Rumikoさん、こんばんは(^^)☆

    きっと父が喜びますm(_ _)mありがとうございますm(_ _)my

    魂の喜ぶ事物を取り入れ、魂が清められるような言葉を使い…心身ともに軽やかになるの自然なことですね♪
    ちょっとキザに聞こえる言葉も、真心が込められていれば、取って付けたようにはならないと信じています。

    次回のレッスンも楽しみにお待ちしております(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。