とうが立ってます

薹が立つ…

私のことって?笑

イエイエ。

家庭菜園のほうれん草のことです。

暖かくなってきましたので、そろそろ花茎が伸びてきて蕾が出来そう。

冬の間、健康を支えてくれた食材ではありますが、旬の野菜とバトンタッチの時期がやってきたようです。

ただ、「薹が立った」といっても、この花茎の部分には、これから花を咲かせるための養分が多く含まれています。

葉も茎も柔らかいので、ココナッツオイルでソテーしてありがたくいただいています(*^^*)



そして、鰆の幼魚である「さごし」(←関西では、このように呼びます) を下味をつけてから、カレー粉と全粒小麦粉を合わせたものでムニエルに。

バターを使用せず、ココナッツオイルの香りのないものを使っています。

比較的ナイアシンを多く含むので、糖質や脂質がエネルギーに変わるサポート力に期待を寄せていただきます。

それも、カレー粉は気血のめぐりを良くするターメリックが主体なので、一週間の締め括りにサァ〜っと疲労物質をぬぐい去ってくれそう ♪

小ぶりでも栄養の詰まった これから大きくなる「さごし」も、薹の立ち始めたほうれん草にも、それぞれのお役目があります。

人も同じかな(*^^*)

年頃が過ぎる、盛りが過ぎる…のたとえに使われる言葉。

独自の人間性を養っていけば、ステージを変えて様々な出番があるように思います。

反対に、体力や気力が最も充実している時期には、独自性を最大限に発揮できる努力が必要です。

薹が立ったほうれん草…から学んだ週末でした⭐︎

by
関連記事

コメント2件

  • おおしま ゆうこ より:

    こんにちは。

    サゴシ…鰆の幼魚だったのですね~。
    最近よく耳にしてたのですが、存じませんでした。

    ココナッツオイルも、最近至るところで目にしたり耳にしたりしますが、「香りが独特なので、使いにくい」という声も聞きます。

    香りがないものもあるんですね。

  • ゆうま より:

    おおしま ゆうこさん(^ ^)
    いつもありがとうございます!

    さごしは鰆よりずっと小さいですが、独特の香味があり美味しいですよ。
    また、ココナッツオイルですが、4/4のブログにてご紹介したものです。
    香りがあると料理を選びますものね。
    香りのない方は、化学的な処理で取り除いているのではありませんし、栄養価も変わらないそうです。
    いろいろ出回っていますが、こちらのものは確信できます。
    是非お試しくださいね(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。