やさしい気持ち

熱風吹きすさぶ毎日☀️

昨年より暑さに弱くなったのか…

昨年より暑いのか…

いずれにしても、私の好みの暑さではありません…

昨日のブログにも綴ってしまいましたが、普段なら気にならないような隣の女性の髪の毛のことも、より不快に感じるのはこの暑さのせいなのでしょう(^^;;

暑さで頭がボーッとする場合もあれば、苛立つこともあるかもしれません。

今日、西宮北口駅の構内で、こんな箱が目に留まりました。

数カ所に設けられています。

朝の9時過ぎには、箱からあふれそうだった うちわ も、お昼にはずいぶん減っています。

行き交う人の手に、パタパタと揺らいでいます。

私も1枚いただきました♬

なんだか、うちわを手にするだけで涼感が漂います(*^^*)

パタパタあおいでも熱風なんですが。笑

お扇子をバッグにしのばせていることも忘れ、このミニサイズうちわを手にとったわけであります。

うちわの歴史は古く、古代中国やエジプトの壁画にも描かれているそうです。

日本に伝えられたのは、飛鳥時代。

儀式にも使われ、お相撲の行司さんが持っている軍配も、私の好きな♡諸葛孔明が持っていた羽根のうちわも、威儀を示したり占って祓ったりする意味があるようです。

たとえ骨の部分がプラスチック製であっても、「どうぞ、ご自由にお取りください    駅長」と記された文字や、うちわ で涼をとるという夏の風情が、熱風とは別次元の やさしい風を運んできます。

「どうぞ」…

  

このひと言が添えてあるだけで、何か違います。

よく見ると、私の地元  中山寺で毎年8月9日に行われる星下り祭り(西国三十三ヶ所の観音様が、全て星に乗って中山寺に集まると言われています)の うちわでした(*^^*)

猛暑の中で味わった やさしい気持ちです💫

by
関連記事

コメント1件

  • ATsumi より:

    友麻先生 こんにちは\(^o^)/
    いつも 有難うございます。

    西宮北口駅構内のうちわ。。。
    素敵なアイデアですね。
    ふわ〜っと優しい気持ちになりますね

    昨夜 三代目J Soul Brothersのライブに行ったのですが、4万2千人の観客の興奮と熱気でドーム内の気温は急上昇
    〜〜(≧∇≦)

    そんな時 お隣に座られていた方が
    「これ 良かったら使いませんか〜どうぞ〜」と小さなうちわを貸して下さったんです。
    何とも言えない 優しさに包まれました

    ライブの構成も素晴らしく まるで宇宙空間に放り出されたような。。。

    とても 幸せな時間を過ごし パワーをいっばいチャージしてきました(^^)
    ライブ 最高〜〜*\(^o^)/*

    只 3時間半 立ちっぱなしだったので
    「脚さん ごめんなさい〜〜(≧∇≦)」
    でした笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。