青にしよう

新しい春を目前に控える この時期の文具売り場が大好きです(*^^*)

大むかし、ピカピカの新1年生で 心躍らせていたあの頃…

小学校1年生となる春4月に、私は大阪市から宝塚市に引っ越してまいりました ♪

その準備に追われるある晩のこと、父から ランドセルと ピンク色のリボンがかけられた大丸の大きな包みを贈ってもらいました。

ドキドキして開けてみると、その中には、真新しい文房具が ♬!

私が大好きだった…今でいう “マイブーム”的な「いちご柄」で 揃えられた品々でした。

幼心に、父が私の好みを知ってくれていたことに感激した記憶が鮮明に残っています。

当時は、筆箱も様々な型が選べるようになった時代で、フタ付きのものやチャック付きのものはもちろん、磁石でぱかっと開閉するタイプも出始めて、これは特に人気がありました。

男子は黒色、女子は赤色 というのが主流でしたが、いちご柄は本当に嬉しかった!

…いどみか…  と、四文字の名前入り鉛筆に加え、いちごの香りがついている消しゴムや鉛筆、下敷き… ノートや便箋と封筒、それにハンカチやティッシュ、 シールも入っていました。

あぁ〜懐かしい(*^^*)!

それらをランドセルに入れて、家じゅうを歩き回りました。

そんな記憶から 春の文具売り場というと、何処からか いちごの懐かしい香りが漂ってくるよう♡

今日は、レクチャー後に10年来の生徒さんと美味しいお茶をいただいた後、百貨店にある文具売り場へ行ってまいりました。

ありました〜 ♪ 入学準備の文房具!

いちごの香りに包まれたような気分です♡

ふと見上げると、棚に筆箱がディスプレイされています。

そこには、コマーシャルが懐かしい「象が踏んでもこわれない」というキャッチコピーの『アーム筆入』が!

実は私、そんな贅沢で可愛い筆箱を贈ってもらいながらも、TVコマーシャルを見て密かに憧れを抱いておりました。笑

昭和の大ヒットアイテム ♬

…象が踏んでもこわれない だなんて、何て素晴らしいのだろう! 

象の足が乗っかっても、しなやかにたわむプラスチック!アレは何だ⁉︎…  と。

それが、NEWアーム筆入 となって出現したのですもの、 興味津々です。真剣です。

現代版も、やはり象が踏んでもこわれないらしく、最大加重1.5トンまでは割れないと実証されているそうです。

学校指定教材として使われている小学校もあるとのこと。さすが!

で、赤と青 どちらにしようか考えてみました。

って、買うの?

はい。 買ってお勉強時に使います!

やっぱり、青にしよう!

オレンジ色好きゆえ、何でもオレンジで元気なのはいいけれど、たまには落ち着かないといけません(≧∇≦)

呼吸数や筋肉緊張を減少させて、血圧を落ち着かせ、不安を和らげてくれる青。

精神安定剤のような作用もあるので、落ち着いて勉強したい時には最適かと考えます。

自宅で仕事をする時も、はかどりそうだな ♪

そのうち、いつもの重いバッグに入っているかもしれません。笑

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。