感謝の日

両親から授けていただいた先天の精をもち、母親の胎内に宿り、育まれ、この世に生まれることができました。

命がけの出産。

ここから始まった人生。

楽しんだり、学んだり、時に苦労もして様々な感情を味わえるのも、この身体のおかげです。

母への手紙は、昨日のうちに渡して上京しました。

そして、今日は朝から東京での講座。

休憩をはさんで、座学の特別講座が開講。

『女性のための食の話』

お忙しい中、ご聴講くださった方々に、心より感謝いたします。

教室の中で90分間、溢れそうな気持ちをもちながら、大切なことをお伝えしてまいりました。

平常心をもって場に及びましたが、得難い機会に感慨無量。

そして、皆様の未来が、健やかな日々となりますよう切に願っております。

講座後は、いつもの如く最愛の二人と合流。

「どうする?今渡す?」

なにやらコソコソ言ってます。

二人それぞれ、おもむろにバッグから手紙を出します。

そうだ!母の日か!

講座の時間までは覚えていたのですが、二人に会えた喜びで、すっかり忘れていたというボケぐあい。

想いが ぎゅーっと詰まった手紙。

しかと拝読。

今のところ、人として順調に成長してくれているようです。

この二人の母にならせてもらえて、有り難いことです。

本日の座学講座で、ちょっとした質問を投げかけたところ、挙手した人が一人いました。

お!やるな ♪!

正解を述べたその人物は、娘でした。

真摯な眼差しで受講してくれました。

論理的には分かっていないことが、今日で繋がった…など、様々な言葉で表現してくれた有り難い感想。

独り暮らしの食生活に活かしてもらえると本望です。

今後も、皆様のお役に立てる存在でありたい。

そう願う感謝の一日でした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。