からだの一部

宮古島に旅行された生徒さんより、パッションフルーツをいただきました。

宮古島というと、私たち家族の思い出がいっぱい詰まった場所です ♪

子ども達が幼い頃から、毎年のように行きました。

実は、いちばんの御目当ては『じゃからんだ』というお店のお食事でした。

作り手の温かい思いがダイレクトに伝わるお料理の数々…

どれもこれも、美味しくてヘルシーで安心♡

自宅でも作れるようにと レシピを伝授してくださったり…

宮古島の食材を、そして、じゃからんだのお店ごと関西に持ち帰りたい♡と思うほどでした(≧∇≦)

子ども達が、食物の好き嫌いなく育ったのは、幼少期における数々の食経験が影響していると思いますが、その中でも宮古島のおいしい記憶は 大きな幅を占めると思っています。

ただ今は、『島野菜デリじゃからんだ』として、ケータリングや料理教室などを開催されているとのこと。

近ければ毎日でもお世話になりたいほどです ♪

パッションフルーツが宮古島産というだけで、自分の一部となっていた思い出が よみがえる〜(≧∇≦)

宮古島…いつかまた行きたいです ♬

今日も身体を動かすレクチャーが続く一日でしたが、明日も明後日も体力勝負が続きます。

もう少し熟して、酸味が和らいでからいただくほうが美味しいのに…と云われそうですが、その酸味を身体が欲していたので、早速スプーンですくって味わうことに(*^o^*)

疲労物質を素早く体内から排出して新たなエネルギーを生み出すには、酸味のものがありがたい ♬

おいしく食べた ということは、確実に私の身体の一部になっています。

口に入れる一滴の水でさえ おろそかに考えず、自分の一部になると自覚できれば、より味わい深い幸せに包まれることでしょう。

身体の一部…といえば、こちらもそう。

新しいシューズ… これから又、私の脚を支えてくれるのです。

「よろしくお願いします!」の気持ちで、時には声に出してから、 足を入れて紐を結ぶようにしています。

ほぼ毎日 使用しているコンタクトレンズなんて、その典型。

一日中、私の目を助けてくれるわけですから、朝から「よろしくお願いします!」と声に出してから装着しています(≧∇≦)

自分の一部のように…一心同体になるためには…? と考えると、常日頃からの感謝の心が一番の早道かもしれません。

からだの一部、心の一部を良いもので作りたいものです ♬

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。