耆老

飲茶の名前ではありません。笑

タイトルの「耆老」… 「きろう」と読みます。

「耆」は60歳、「老」は70歳…と、6、70歳の方…人から尊敬される老人、徳の高い老人のこと…

その年代の方々と関わる機会が多くなった今、この「耆(ろう)に学ぶ」という題字に吸い寄せられました。

そして、五木寛之先生の「玄冬の門」。

30代はじめ、おこがましくも生命観に共感してからというもの、吸い寄せられる機会が多くなりました。

私が、老いることに不安も迷いも生じないのは、この方の影響だといっても過言ではありません。

私淑する森信三先生の名著「修身教授録」の 解題を読まれてもわかるように、深く関わってこられている寺田清一先生のお名前もあり、迷わず購入いたしました。

歩きスマホは危ないですが、歩き読書したくなるような中身です!

経験を積まれた方の深い思想や 練られた思考に、歳を重ねることの素晴らしさを感じます。

現在の自分に安住しない人たちからのメッセージを しかと受けとめようと…(*^^*)

あ、イエ、本当は…

昔々の宝塚時代、共に新人賞をいただいてからの親交がある素敵な女性から お薦めいただいた本を探しにまいりました ♬

梅田の紀伊國屋書店に行ったものの在庫がゼロ!

結局アマゾンでポチっと  ♪ 明日、手元に届きます ♬ 

なんて便利な時代なのでしょう!

明日の座学講座が終わったら、読みたいものがワンサカあります♡

老いてボケていくのは、学ばないからにすぎない…

耆老を目指して、肝に銘じます(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。