名残り

暖かい一日。

春菊を摘みに行こうと、自宅の裏に出ました。

家庭菜園の特等席には、旬の名残りのピーマンが小さいながらも精一杯、力をふりしぼるように育っています。

一年中店頭に出回るハウスものとは違って、おいしい露地物のピーマンが12月になっても頑張ってくれていることに感動を覚えます。

ちっちゃーくて健気。

しっかりと栄養が詰まっています。

夏から秋にかけて、食卓を彩ってくれていたピーマンを愛おしむように、生のまま種もすべて味わうことにしました(*^^*)

ピーマン特有の香りは、ピラジンという成分によるもの。

血液の凝固抑えて血栓予防になると知れば、薬ばかりに頼らずピーマンを食べよう!という気持ちになる人が増えると良いなぁなんて思います。

昨日のブログなどでもお伝えしていますように、身近な食材が精神を安定させてくれますが、ピーマンも心を穏やかにしてくれるのです。

また、忘年会シーズンで華やかなお食事が続く場合も、脾胃を調える働きが大きな助けになります。

かわいい旬の名残りを見つめながら、残り少なくなった今年を省みているところ、感覚が蘇りました。

大好きな人と別れる間際の、あの名残り惜しさにも似てるわ…と。

ちょっぴり寂しいけれど、寒空のもと頑張ってくれているピーマンに感謝です。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。