プチ同期会

バレンタイン前のこの時期、関西在住の同期生が集まってランチを共にします ♪

その後は、皆でお目当てのチョコレートを購入するという流れ ♪

午前中の神戸と、午後からは大阪…の 合間を縫って、私も参加いたしました。

宝塚出身の人は、根性もあって頑張り屋が多いのですが、御多分に漏れず私の同期生も気骨ある人物多数。

花組で一緒に過ごした タケ(曙真八)は、司法書士!

いつも頼りにさせてもらっています。

新人公演で組んだり、何かにつけて一緒だった娘役トップスターのヤッチャン(神奈美帆)は、三人の子の母親となった今も、家庭を守りながら自分の時間と プロフェッショナルとしての時間も充実させています。三日連続の徹夜とは思えないパワー。笑

集まった7人は、みんな私より少しお姉さんで、宝塚受験前からのお付き合いの人がほとんどです。

苦楽を共にした同期生の眼差しが温かく行き交うひとときでしたが、私だけ直後に仕事が控えているので、名残を惜しみつつ場を後にしました。

気が置けない馴染みの仲間。

歳を重ねると身体の変化について、真剣な内容も話題にのぼります。

年齢には抗えない自然の流れ…

何をどうすれば善いか、私が持ち得るものを何かのたしにしてもらえたら…という思いはあるけれど、時間も限られているうえに、場はわきまえなければいけません(*^^*)

ところが、生徒さんを目の前にすると、此処ぞとばかりに働きかけることができます。

つい先日、素人判断で糖質制限をしていた学生さんの健康状態を危惧しているところですが、今夜は「夜のチョコレートお徳用袋完食」などの乱れた食生活の女性に向けて、なんとかしてもらい一心でした。

長い時間をかけて出来上がった悪習慣は、ご本人が危機感をもたなければ改善されません。

根底から改革しようという心が、強い意気を生みます。

悪習慣をカバーできるほどに、良い習慣づくりを上乗せしていただきたいと切に願っています。

先ほども、クローズアップ現代プラスで【機能性食品】などについて特集されていましたが、これを食べたら大丈夫だなんてありませんし、自然の原理原則を考えず安易なものに飛びつく歪んだ知識には閉口します。

記載されているパッケージをよく見て不自然だな…と感じなくなっているのも、近年の食べ物のせいでは?と思えてなりません。

当然のことながら、野菜類やきのこ類には、トクホの表示も機能性食品の表記も付いていません。

シンプルな自然の食材で養生できるのです。

例えば…

消化が良くて、身体を温めるかぶ です。

小さなコロコロにして、より火の通りを良くしたら、葉も刻みます。

また、免疫力を高める舞茸も、胃腸にやさしい生姜も細かくします。

脂溶性の栄養素が豊富なので、米胚芽油でサッと炒めてから天然塩をふり黒ごまを加えます。

いつもの雑穀入り胚芽米と合わせて菜飯風に…

他の使い方としては、スープの具材として、夕方の休憩で愉しみました。

今日は、ジャーポットの中身が冷めないように、母が編んでくれたカバー付 ♪

雪が降りそうです。

かぶでお腹を温めてみませんか?

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。