彩り

私の人生に彩りを添えてくれる人がいます。

有り難くて、愛おしくてなりません。

人のことなのに、我が事のように親身になってアドバイスをしてくれる人…

私のために時間を割いて、穏やかな時を過ごさせてくれる人…

作ったものを「美味しい!」と言ってくれる人…

さざなみが起こらないよう、私の心を慮ってくれる人…

私の心を鍛えてくれる人…

こちらの心を汲んで、共感してくださる人…

たとえ、心の労力が要ることであっても、それ自体が面白味となり、味わい深く過ごせているのだと感じます。

関わる人たちから、様々な彩りをいただく毎日に感謝です。

今日は、久しぶりに「そぼろ弁当」をこしらえました ♪

前回お伝えしていた ゆず香る卵も使用。

加熱しても、ほんのりと柚子の香りがして、なんとも乙な味わいの炒り卵になりました。

えんどう豆を合わせると、春らしく芳しさが加わります。

鶏のそぼろは、むね肉に皮なしもも肉を合わせて、生姜のみじん切りもたっぷり。

ほうれん草には、黒胡麻と白胡麻も多めに。

さらに、彩りと栄養を加えるために人参と舞茸を炒め、フラックスシード(亜麻仁)をガリガリと挽いたものと、白胡麻を。

こちらと海藻類の入った温かい汁物があれば、ちゃんとバランスが調います(*^^*)

見た目の彩りだけでなく、身体の中に入ってからも彩りある働きを期待するのは、少し欲張りかな?

人生の彩りも、期待するだけではいけませんものね。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。