一挙両得です

私の講座を必要としてくださっているというお話をお伺いすると、涙が出ます。

今日は、朝も昼も夜も、そのお言葉の有り難みを深く感じました。

よくよく考えてみると、何の変哲もない講座であり、「食生活と運動と休養」を皆様の心と身体に働き掛けるだけの時空間です。

人が人として生きていくために必要なこと…

この、ごく当たり前の事柄に真っ向から取り組むと、意外と新鮮に感じられるのかもしれません。

そして、お伝えする立場である私も、自らの言葉が耳から入ってきたり、頭で考え身体で表現することによって、自身にも良い影響をもたらしているようです。

これが生活の一部となっていることに感謝。

御受講くださる皆様に対し、感謝と報恩の想いをいだく毎日です!

少し家をあけていましたので、いつもの食べ物を恋しく想う気持ちが高まります。

そこで、久しぶりにお豆をこの様に摂り入れました ♪

冷蔵庫にあった大豆の水煮と、蒸し黒豆を利用。

糸こんにゃくは、下ゆで後に短くカット。

脂質と相性の良いビタミンを含む人参と干し椎茸を胚芽米油少々でサッと加熱し、他の材料を入れて煮ます。

大豆と黒大豆、糸こんにゃくと干し椎茸と人参。
真昆布、かえりちりめん(最初に熱湯でサッと茹でて、不要な食塩をはじめとするものを取り除きます)。

大豆には、酵素の働きを邪魔する物質もありますし、とりすぎた場合は、甲状腺腫誘発物質「ゴイトロゲン」の悪影響に及ぶ可能性が高まります。

もちろん発酵させているものの方が良いのですが、それ以上に、ビタミンB群やマグネシウムなどのミネラル分を含む植物性たんぱく質の素晴らしい食材ですもの。偏りすぎずに摂りたいと思います。

ここで大切なのは、豊富な栄養源としても、出汁としても利用できる“真昆布” “干し椎茸” “かえりちりめん” ♪

贅沢な真昆布は、きざみ昆布を利用。

あえてお出汁を用意しなくても、これら自体にうま味成分があるので、「うま味の相乗効果」によって美味しく仕上がります。

一つのことを行なって、同時に二つの嬉しいことがあるなんて、とても有り難いですね(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。